輝かしき鉄道の記録

専用線の機関車たちは最後の勇姿を見せる。また一つ、輝かしき鉄道が過去のものとなった。

タグ:7トン

続いても総社の専用線で活躍していたスイッチャーを紹介します。

車両のデータ

・車番  無番
・製造年 1952(昭和27)
・製造所 加藤製作所
・製番  27757
・自重  7トン
・所有社 那珂川清流鉄道保存会(現役最後は鳥居運送)     
・経歴  [納入1952年]関西電力丸山ダム工事軌道(岐阜)
     [転属19XX年]総社(鳥居運送)い
     [転属2013年]那珂川清流鉄道保存会
・備考  元々ダム工事軌道用の機関車だったためピンリンク式連結を装備す
     る。工事終了後は岡山県の総社に移り鳥居運送の受け持つユニチカ
     常磐工場、カルピス岡山工場専用線等で使用された。専用線廃止後
     は鳥居運送の倉庫で長らく保管されていたが、2013(平成25)年、
     那珂川清流鉄道保存会によって引き取られ動態復活を果たした。
     しかし致命的故障を起こしたようで現在走行不能とのこと。
     鳥居運送時代は黄色塗装だったが現在は木曽の上松運輸営林署風
     カラーに塗装されている。
H28 6/25 那珂川清流鉄道保存会にて。

総社 無番02
IMG_6134
IMG_60781

続いても、那珂川清流鉄道保存会にて保存されている関西電力の機関車を紹介します。この機関車は1939(昭和14)年加藤製作所製の7トン機で、王滝森林鉄道にて関西電力のダム関連資材輸送に活躍しました。大きく改造されており、原型とはまったく異なった外観になっているとのことです。この機関車は活躍する機会が多かったようで、現役時代の写真や映像も多く残っています。廃止後は長らく関西電力須原発電所で保存されていましたが、2012年?2013年?頃、那珂川清流鉄道保存会にやって来ました。動態保存ではありますが、走行線上には展示されておらず動くことがあるのかどうかは不明です。
H25 6/16 那珂川清流鉄道保存会にて。IMG_0747
IMG_0749
8889
須原発電所時代の姿。 H24 5/5 須原発電所にて。
IMG_4220

↑このページのトップヘ