輝かしき鉄道の記録

爽やかな青空の下、石を満載した列車が工場へと向かう。いつもの場所、いつもの時間、代り映えしないしインスタ映えもしない光景。でも、それが最高にいい。

タグ:35トン

今回は、JR鶴見線扇町駅に接続する三井埠頭専用線で活躍するスイッチャーD351を紹介します。

車両のデータ

・車番  D351
・製造年 1968(昭和43)年
・製造所 日本車両
・製番  2631
・重量  35トン
・所有社 三井埠頭株式会社   
・経歴  [納入1968年]敦賀港(敦賀海陸運輸)
     [転属1998年]多気(ダイヘン) 
     [転属2016年]伏木(北陸ロジスティクス※整備保管)
     [転属2018年]扇町(三井埠頭)
・備考  多気のダイヘン専用線での活躍が有名な機関車。2016(平成28)年
     3月にダイヘン専用線が廃止されると早々に伏木に向け搬出され、
     北陸ロジスティクスの手により整備の上保管されていた。その後、
     2018(平成30)年3月に新天地である扇町の三井埠頭専用線に搬入
     された。初任地の敦賀港時代から長らくオレンジ色の塗装を纏って
     いたが2013(平成25)年にブルー塗装へと変更されている。
H29 1/12 伏木ヤードにて。
IMG_1079
IMG_1100
IMG_1137
IMG_1190


続いても三菱製紙八戸工場専用線で活躍しているスイッチャーを紹介します。

車両のデータ

・車番  DD352
・製造年 1974(昭和49)年
・製造所 日本車両
・製番  2966
・重量  35トン

・所有社 八戸通運(車籍は八戸臨海鉄道)     
・経歴  [納入1974年]秋田臨海鉄道
     [転属1977年]北沼(八戸通運)
・備考  秋田臨海鉄道向けに製造された機関車だが秋田での活躍は短く約3年
     程度で廃車となっている。その後八戸通運に譲渡され八戸臨海鉄道
     北沼駅に接続する三菱製紙専用線にて入換に活躍している。予備機
     扱いなのか同僚のDD351に比べて稼働率は低いようである。

H27 8/12 三菱製紙八戸工場専用線にて。北沼DD352

今回は、八戸臨海鉄道の北沼駅に接続する三菱製紙八戸工場専用線で活躍しているスイッチャーを紹介します。

車両のデータ

・車番  DD351
・製造年 1974(昭和49)年
・製造所 日本車両
・製番  3160
・重量  35トン

・所有社 八戸通運    
・経歴  [納入1974年]岡崎(ユニチカ)
     [転属19XX年]本八戸(八戸通運)
     [転属2006年]北沼(八戸通運)
・備考  八戸では元々本八戸の青森県営専用線で使用されていた。2006
     (平成18)年に専用線が休止されると北沼の三菱製紙八戸工場
     専用線に移り現在主力機として活躍している。本八戸時代から 
     八戸通運の所有である。

H27 8/12 三菱製紙八戸工場専用線にて。
北沼DD351

今回は、東北本線小山駅から分岐する高岳製作所専用線で活躍しているスイッチャーを紹介します。
このスイッチャーは1977(昭和52)年協三工業製の35トン機1号(製35952)で、新白河から移って来ました。高岳製作所の大型変圧器発送の際に工場~古河スカイ間のシキ車牽引に使用されています。以前はクリーム色の塗装でしたが、2007年頃に五日町から来た2号と同じセメントターミナルカラーに塗り替えられました。
H22 1/24 古河スカイ前にて。
小山P1160149

今回は、JR貨物信越本線貨物支線焼島駅から分岐する北越紀州製紙新潟工場専用線で活躍していたスイッチャーを紹介します。
このスイッチャーは1967(昭和42)年日立製の35トン機No3(製番12943)で、工場構内の入換えと貨車の引き込み引き出しに使用されました。2010年のワム80000形運用廃止による列車完全コンテナ化に伴い同専用線が廃止されたため、同車も廃車されたものと思われます。
H22 7/29 焼島駅にて。
焼島

今回は、JR東海道本線富士駅から分岐する日本製紙富士工場専用線で活躍するスイッチャーを紹介します。
このスイッチャーは1968(昭和43)年日車製の35トン機D351(製番2632)で、工場⇔駅間の貨車牽引や構内の入換に活躍しています。同機は伏木からの転属車で2012年から富士での運行を開始しました。
H24 8/1 日本製紙富士工場専用線にて。富士2
H27 8/21 日本製紙富士工場専用線にて。
88







↑このページのトップヘ