輝かしき鉄道の記録

爽やかな青空の下、石を満載した列車が工場へと向かう。いつもの場所、いつもの時間、代り映えしないしインスタ映えもしない光景。でも、それが最高にいい。

タグ:25トン

今回は、JR函館本線江別駅から分岐していた北海道電力江別火力発電所の専用線で活躍していたスイッチャーを紹介します。

車両のデータ

・車番  2号機(表記は2)
・製造年 1962(昭和37)年
・製造所 日立製作所
・製番  12554
・自重  25トン
・所有者 北海道江別市(現役最後は北海道電力)     
・経歴  [納入1962年]江別(北海道電力)
     [転属1991年]江別市 ※専用線廃止後保存に際しての転属。
・備考  兄の同型1号機とともに納入から廃車まで江別発電所の専用線で活躍
     した機関車。約2kmの専用線を石炭車を牽引して往復していた。
     1991(平成3)年に発電所が老朽化により廃止となると機関車も
     お役御免となり、この2号機は江別市に譲渡され専用線跡を整備した
     遊歩道である四季の道に保存された。兄の1号機は解体。
     現存する数少ない日立の3軸ロッド式機として貴重な存在であるが
     状態はあまり良くなく窓ガラスやライトレンズは全て失われている。    

H26 9/23 江別市四季の道にて。
2
22
222

今回は、JR中央本線初狩駅より分岐する甲州砕石大月営業所の専用線で活躍していたスイッチャーを紹介します。

車両のデータ

・車番  No.803(D251は奥多摩工業時代の車番?)
・製造年 1962(昭和37)年
・製造所 新潟鐵工所
・製番  不明
・重量  25トン
・所有社 那珂川清流鉄道保存会(現役最後は甲州砕石)
・検査  S61 1~S65 1 京王重機 
・経歴  [納入1962年]奥多摩(奥多摩工業)
     [転属19XX年]初狩(甲州砕石)
     [転属2017年]青海(電気化学工業)
・備考  奥多摩工業に納入された機関車で、ホッパーの下に入るため屋根が
     低く作られているのが特徴。その後初狩の甲州砕石に譲渡され活躍
     したが後継のNo.804(日立25トン)の導入により予備機に扱いに。
     致命的な故障を期に廃車となり長らく構内で保管されていたが
     2015(平成27)年那珂川清流鉄道保存会により引き取られ保存され
     た。現状は静態保存だが何れ動態化するのだろうか?

H27 6/7 那珂川清流鉄道保存会にて。
22
IMG_3238
IMG_3252
888
IMG_3221
H28 6/25 お色直し中。
IMG_6200

引き続き中越パルプ工業生産本部二塚製造部専用線で活躍しているスイッチャーを紹介します。

車両のデータ

・車番  DB252
・製造年 1966(昭和41)年
・製造所 富士重工業
・製番  不明
・重量  25トン
・所有社 中越パルプ工業     
・経歴  [納入1966年]神岡鉱山前(三井鉱山)D252
     [転属1984年]神岡鉱山前(神岡鉄道)KM252
     [転属2007年]二塚(中越パルプ)DB252
     [引退2015年]専用線廃止により二塚では引退。その後消息不明。
・備考  三井鉱業神岡鉱業所(神岡鉱山)の専用線で約40年に渡り活躍した
     機関車。当初は三井鉱業所有であったが1984(昭和59)年に神岡
     鉄道に譲渡されている。その際に車番がD252→KM252に変更され
     た。2005(平成17)年に神岡鉄道の貨物が廃止されると失職したが
     整備の上2007(平成19)年二塚の中越パルプ専用線にて復活した。
     この時、再び車番がKM252→DB252に変更されている。
     二塚では予備機の予備のような存在で稼働率は極めて低く稼動時も
     構内の小入換に使用されることがほとんどだったようである。
     その後2015(平成27)年に中越パルプ専用線が休止となり再び失職
     してしまった。休止後何処かに搬出されたようだが消息不明である。

H27 9/19 中越パルプ工業生産本部塚製造部専用線にて。58

今回は、JR城端線二塚駅から分岐する中越パルプ工業生産本部塚製造部専用線で活躍していたスイッチャーを紹介します。

車両のデータ

・車番  DB251
・製造年 1965(昭和40)年
・製造所 日本車両
・製番  2408
・重量  25トン
・所有社 中越パルプ工業
・検査  H21 7~H27 7 三越(株)※H26 2/26確認     
・経歴  [納入1965年]不明 
     [転属19XX年]二塚(中越パルプ工業)
     [引退2015年]専用線廃止により二塚では引退。その後消息不明。
・備考  中越パルプ工業専用線の主力機として長年活躍してきた機関車。
     主に二塚駅~工場間の貨車牽引に使用され二塚では最も露出度の
     高い機関車だった。同機の経歴は不詳で資料によっては元善光寺に
     いたDBG251とするものがあるがそれとは別物である。1990年頃の
     二塚の写真には既にDB251は写っているがこの時DBG251はまだ
     元善光寺で現役である。このような誤認が起きた原因はこの2両の
     製番が重複しているためと考えられるが詳細は不明である。
     2015(平成27)年9月30日限りで中越パルプ専用線が休止になると
     失職し、その後搬出され消息を絶ってしまった。
     長い間お疲れ様でした。ありがとうDB251

H27 5/23 中越パルプ工業生産本部塚製造部専用線にて。
IMG_2608IMG_2596
IMG_2219 

今回は、JR篠ノ井線南松本駅より分岐する松本市公共専用線(昭和シェル、日本オイルターミナル専用線)で活躍していたスイッチャーを紹介します。

車両のデータ

・車番  DB257
・製造年 1981(昭和56)年
・製造所 日本車両
・製番  3367
・重量  45トン
・所有社 JR貨物・信州ロジスティクス(現在はJR貨物広島車両所)
・検査  H20 3~H29 3 明希工業 ※H23 3/31確認。     
・経歴  [納入1981年]倉賀野(高崎運輸)
     [転属1986年]南松本(松本ターミナル運輸)
     [転属19XX年]南松本(信州フレートサービス)
     [移動200X年?]西上田(信州フレートサービス)
     [移動2010年]南松本(信州ロジスティクス ※旧信州フレートサービス)
     [転属2013年]JR貨物広島車両所
・備考  元高崎運輸25トンスイッチャー軍団の最年少。高崎運輸での活躍は
     短く5年程度で南松本に転属した。その後詳しい時期は分からないが
     2000年代?に西上田の日本オイルターミナル専用線に移動し2010
     (平成22)年の廃止まで使用、廃止後は再び南松本へ戻りDD453の
     予備機として活躍した。2013(平成25)年3月に松本市公共専用線
     の入換がJR貨物のDE10に転換されるとお役御免となり月末には
     DD453と共に搬出された。その後伏木ヤードを経て遠路遥々広島の
     JR貨物広島車両所の入換機として再起を果たし現在に至る。この際
     に塗装がEF210(桃太郎)塗装に一新されている。
     気づけば各地で活躍していた高崎運輸出身の25トン機たちも次々に
     姿を消し、このDB257が最後の生き残りとなってしまった。末永い
     活躍を期待したい。
     ※広島では未確認のため南松本機として記載。

H25 3/31 南松本駅にて。※許可を得て撮影
2572
2571
2573
宙を舞う。
2574

続きを読む

引き続き王子製紙米子工場専用線で活躍しているスイッチャーを紹介します。
このスイッチャーは1994(平成6)年北陸重機製の25トン機No.16(製番8816)で、2012年、岡部から転属してきました。岡部時代に馴染みのあったスイッチャーなので、新天地でも元気に活躍しているのは嬉しい限りです。
H26 7/25 王子製紙米子工場専用線にて。 ※許可を得て構内外から撮影
伯耆大山 No16コピー (1) ~ 22
H23 3/29 岡部時代
8

引き続き王子製紙米子工場専用線で活躍しているスイッチャーを紹介します。
このスイッチャーは1966(昭和41)年日車製の25トン機No.15「DB251」(製番2516)で、浪速→岩国→海山道、と渡り歩き、2011年末頃伯耆大山にやってきました。海山道時代のままの塗装で活躍しています。
H26 7/25 王子製紙米子工場専用線にて。
伯耆大山 No15IMG_3382

前回に引き続き王子製紙米子工場専用線で活躍しているスイッチャーを紹介します。
このスイッチャーは1981(昭和56)年日車製の25トン機No.13「D15-3」(製番3333)で、桜島→守山、と渡り歩き、2004年頃伯耆大山にやってきました。現在は主に構内のみの入換作業に使用されているようです。 
H26 7/25 ※許可を得て構内外から撮影 伯耆大山 No13

今回は、JR山陰本線伯耆大山駅より分岐する王子製紙米子工場専用線で活躍しているスイッチャーを紹介します。
このスイッチャーは1973(昭和49)年日立製の25トン機No.9(製番13211)で、同僚機と交代で専用線の各種入換作業に活躍しています。
H26 7/25 ※許可を得て構内外から撮影
 伯耆大山 No09

引き続き北王子駅で活躍していたスイッチャーです。
このスイッチャーは日車製の25トン機で、車暦や製番ははっきりしていません。厚木からの転属説や石巻臨海運輸納入の1968(昭和43)年製IB251(製番2676)説などがあり大変興味深い車両です。IB251説が有力なようですが、同機が北王子に入線した直後の写真を見ると車体は茶色一色であるのに対し、IB251が五日町への転属後に撮影された写真(機関車表)を見ると国鉄色風の塗装となっています。もし同機がIB251であるならなぜ北王子入線時茶色になっていたのでしょうか?機関車表では車歴は石巻→横田基地→五日町となっていますが本当は石巻→五日町→横田基地なのでしょうか?(しかし機関車表に載っている横田基地時代のIB251も国鉄色風塗装だった)謎はつきません。同機は北王子入線後は北重25トンとともに主力機(予備機?)として今年3月の廃止まで活躍しました。
H26 3/10 北王子駅にて。※許可を得て撮影
北王子MB2
H26 4/3 北王子駅にて。
コピー (1) ~ 888

↑このページのトップヘ