輝かしき鉄道の記録

夢のような光景。木曽谷に林鉄は健在である。

タグ:15トン

今回は、JR伯備線総社駅から分岐していたカルピス岡山工場、ユニチカ常磐工場の専用線で活躍していたスイッチャーを紹介します。
このスイッチャーは1969(昭和44)年日立製の15トン機(製番13071)で、1969年に住友セメント向けに製造された同形4兄弟(製番13071~13074)の長男にあたります。(ちなみに末っ子の13074は最近まで松川の北芝専用線にいたので有名ですね。)いつ頃総社に移ったのかは不明ですが専用線廃止まで主力として活躍したものと思われます。引退後は長らく倉庫内に保管されていましたが、2013年9月に那珂川整流鉄道保存会によって引き取られ見事動態復活を果たしました。完全ではないものの那珂川では珍しくオリジナルに準じた塗装が再現されています。
H28 4/9 那珂川整流鉄道保存会にて。
総社 無番01
IMG_4033



引き続き大王製紙専用線で活躍していたスイッチャーを紹介します。
このスイッチャーは1981(昭和56)年日車製の15トン機(製番3332)No3(D15-2)で、桜島→敦賀→高月と渡り歩き2008年頃?伊予三島にやってきました。入線後は主力機として活躍しましたが2014年に北王子から転属のNo1に主力の座を譲り予備機となりました。前述のNo2と共に同機の今後が気になります。
H27 7/25 大王製紙専用線にて。
伊予三島No3

今回は、JR予讃線伊予三島駅より分岐する大王製紙専用線で活躍していたスイッチャーを紹介します。
このスイッチャーは1969(昭和46)年日車製の15トン機(製番2973)No2で、2008年頃?に高月からNo3が転属して来るまで主力機として活躍していました。No3の入線後は予備機となり構内に留置されています。また、2014年には従来の塗装から日通色に塗装変更が行われ綺麗な姿となりました。また、同じく2014年に北王子から25トン機が入線し主力機となったため、既にNo3も予備機となっており、現在のNo2のポジションと今後が気になるところです。
H27 7/25 大王製紙専用線にて。
伊予三島No2

今回は、かつて飯田線の七久保駅から分岐していた日本石油伊那油槽所専用線で活躍したスイッチャーを紹介します。
このスイッチャーは1968(昭和43)年富士重工製の15トン機DB15で、専用線に入線する石油タンク車の入換に使用されました。1996年3月の専用線廃止と同時に廃車となり、その後、飯島町の与田切公園に保存されました。数少ない富士重工製スイッチャーの生き残りとして貴重な存在です。
H26 5/5 与田切公園にて。
七久保IMG_0427

今回は、JR東海道線吉原駅から分岐する日本製紙富士工場鈴川製造所専用線で活躍していたスイッチャーを紹介します。
このスイッチャーは1970(昭和45)年日車製15トン機89-75(製番2807)で、工場構内の入換えに使用されていました。伏木から日車20トンが転属してくると予備機となり、晩年は貨車門横の予備機置き場で休んでいました。平成24年度ダイヤ改正で吉原駅の貨物列車発着が消滅し、同時に専用線も廃止されました。スイッチャーは廃止後も残されていましたが既に姿を消しています。
H24 4/4 日本製紙富士工場鈴川製造所専用線にて。
吉原1

















今回は、酒田港線酒田港駅で入換に活躍していたスイッチャーを紹介します。
このスイッチャーは丸屋根が特徴の1962(昭和37)年協三製の15トン機1号(製番15406)で、主に構内入換えや、点在する引込み線の入換えに使用されていたようです。撮影時は既に引退した様子で、2号と共に構内の片隅に留置されていましたが、その後1年以内に撤去され姿を消しました。
H22 8/13 酒田港駅にて。



酒田港 1号

















今回は、JR上越線渋川駅の専用線で活躍していたスイッチャーを紹介します。
このスイッチャーは1969(昭和44)年日立製の15トン機(製番13007)で、日光線の鶴田駅から移ってきました。車体には日通宇都宮支店の表記が残っています。2005年の専用線廃止で失職し、しばらく構内に留置されていましたが同年12月までに姿を消しました。
H17 9/渋川210 渋川駅にて。

              

















 

 


 今回は前回紹介したDB252と共に倉賀野で活躍していたスイッチャーDB152です。
この車両は1966(昭和41)年日車製の15トン機(製番2414)で、専用線廃止後倉賀野貨物基地にてEF65とともに解体されてしまいました。
倉賀野2


撮影時私はまだ小学生で、作業員の方にDB152に乗せていただくことが出来ました。キャブの中は意外と広々していたことが印象に残っています。


IMG_0887
H16 11/20
 倉賀野貨物にて。

↑このページのトップヘ