輝かしき鉄道の記録

専用線の機関車たちは最後の勇姿を見せる。また一つ、輝かしき鉄道が過去のものとなった。

タグ:電気化学工業

今回は、デンカ青海工場専用線(原石線)で活躍するスイッチャーDS-7を紹介します。

車両のデータ

・車番  DS-7
・製造年 2012(平成24)年
・製造所 北陸重機工業
・製番  不明
・重量  45トン
・所有社 デンカ(旧電気化学工業)
・検査  不明    
・経歴  [納入2012年]青海(電気化学工業)
・備考  長らく青海の主として君臨したDS-6を置き換えるべく誕生した新型
     機関車。専用線の廃止が相次ぐこの時代に新型の導入は非常に嬉しい
     ニュースである。同機の登場とDD453の転入により赤い機関車は青海
     を去り、青海原石線の新体制がスタートした。
H29 10/2 デンカ青海専用線にて。
DS-70
DS7


今回は、デンカ青海工場専用線(原石線)で活躍するスイッチャーDD453を紹介します。

車両のデータ

・車番  DD453
・製造年 1976(昭和51)年
・製造所 日本車両
・製番  3251
・重量  45トン
・所有社 デンカ(旧電気化学工業)
・検査  H18 11~H24 11 明希工業 ※H29 9/4 確認     
・経歴  [納入1976年]新茂原(三井東圧)
     [転属1986年]倉賀野(高崎運輸)
     [転属1994年]南松本(信州フレートサービス)
     [転属2013年]伏木(北陸ロジスティクス※整備保管)
     [転属2017年]青海(デンカ)
・備考  長く在籍した南松本での活躍が有名な機関車。2013(平成25)年3月
     にスイッチャーによる入換が廃止されると失職し、同年3月31日に
     伏木ヤードに向けて搬出された。伏木では約4年ほど保管されていた
     が北陸ロジスティクスによる整備の上ついに2017(平成29)年
     デンカ青海工場専用線にて復活を果たした。
H29 9/4 デンカ青海専用線にて。
IMG_7948
H25 3/31 慣れ親しんだ南松本を旅立つ。※許可を得て撮影
南松本1
IMG_8451
55
H27 5/23 伏木にて。
85

※この記事はDD453が転属したため修正の上再記載しました。他のスイッチャーの記事につきましても少しずつ修正していきますので是非ご覧下さい。

現在でも原石線を運行していることで有名な電気化学工業青海工場ですが、かつては762mmの坑内軌道も存在していました。今回はそこで使用されていた機関車を紹介します。この機関車は1972(昭和47)年協三製の10トン機で、坑内軌道でグランビー鉱車の牽引に活躍しました。ここでは最も遅くに導入された機関車で、他の僚機は皆ニチユ製だったそうです。軌道廃止後は長らく坑道内に放置されていましたが、今年2015年に那珂川清流鉄道保存会によって救出され、見事動態復活を果たしました。こんな機関車が残っていたとは正直驚きです。まだまだこのような機関車が各地に眠っているのかも知れませんね。
H27 11/1 那珂川清流鉄道保存会にて。文句なしのイケメンですね。(笑)
電化工青海IMG_8793IMG_8900

↑このページのトップヘ