輝かしき鉄道の記録

夢のような光景。木曽谷に林鉄は健在である。

タグ:総社

続いても総社の専用線で活躍していたスイッチャーを紹介します。
このスイッチャーは1952(昭和27)年加藤製の7トン機(製番27757)で、関西電力丸山ダムの建設工事に導入されました。その名残としてピンリンク式連結器を装備しています。工事終了後は総社に移り、前述の日立15トンとともに専用線廃止まで活躍(予備機?)したものと思われます。こちらも2013年に那珂川入りし、動態復活しましたが致命的な故障をしてしまい現在走行不能とのことです。チャームポイントの目玉(赤ランプ)とヘッドライトは撤去され、窓には住宅用のサッシが埋め込まれ少し残念な姿になってしまいました。塗装も鋳物台枠繋がりなのかなぜか上松運輸風になっています。
H28 6/25 那珂川清流鉄道保存会にて。
総社 無番02
IMG_60781

今回は、JR伯備線総社駅から分岐していたカルピス岡山工場、ユニチカ常磐工場の専用線で活躍していたスイッチャーを紹介します。
このスイッチャーは1969(昭和44)年日立製の15トン機(製番13071)で、1969年に住友セメント向けに製造された同形4兄弟(製番13071~13074)の長男にあたります。(ちなみに末っ子の13074は最近まで松川の北芝専用線にいたので有名ですね。)いつ頃総社に移ったのかは不明ですが専用線廃止まで主力として活躍したものと思われます。引退後は長らく倉庫内に保管されていましたが、2013年9月に那珂川整流鉄道保存会によって引き取られ見事動態復活を果たしました。完全ではないものの那珂川では珍しくオリジナルに準じた塗装が再現されています。
H28 4/9 那珂川整流鉄道保存会にて。
総社 無番01
IMG_4033



↑このページのトップヘ