輝かしき鉄道の記録

爽やかな青空の下、石を満載した列車が工場へと向かう。いつもの場所、いつもの時間、代り映えしないしインスタ映えもしない光景。でも、それが最高にいい。

輝かしき鉄道の記録 イメージ画像

秩父鉄道車両公園

 最後はワフ50形のワフ51を紹介します。 車輛のデータ ・製造年 1979(昭和54)年(スム4000形スム4003から改造)・廃車年 1988(昭和63)年・製造所 日本車両(種車のスム4003は1963(昭和38)年日本車両製)・所有社 秩父鉄道株式会社・検査  S58 6~S62 6 熊谷工
『~惜別~秩父鉄道車両公園の保存車たち ワフ50形ワフ51』の画像

 続いてはヨ10形のヨ15を紹介します。  車両のデータ・製造年 1968(昭和43)年(ヲキ1形から改造)・廃車年 1988(昭和63)年・製造所 東横車輛(種車のヲキ1は1925(大正14)年汽車会社製)・所有社 秩父鉄道株式会社・検査  S56 2~S60 2 熊谷工・備考  秩父鉄
『~惜別~秩父鉄道車両公園の保存車たち ヨ10形ヨ15』の画像

 続いてはトキ500形のトキ502を紹介します。 車両のデータ・製造年 1968(昭和43)年・廃車年 1988(昭和63)年・製造所 日立製作所・所有社 秩父鉄道株式会社・検査  S57 7~S61 7 熊谷工・備考  国鉄トキ25000形の同形車で15両が製造されたトキ500。スム4000と同
『~惜別~秩父鉄道車両公園の保存車たち トキ500形トキ502』の画像

 続いてはスム4000形のスム4023を紹介します。 車両のデータ・製造年 1959(昭和34)年・廃車年 1983(昭和58)年・製造所 日本車両(東京)・所有社 秩父鉄道株式会社・検査  S54 9~S58 9 熊谷工・備考  現在でも救援車として在籍車があるスム4000。最盛期には50
『~惜別~秩父鉄道車両公園の保存車たち スム4000形スム4023』の画像

 続いてはテキ100形のテキ117を紹介します。車両のデータ・製造年 1959(昭和34)年・廃車年 1984(昭和59)年・製造所 日本車両(東京)・所有社 秩父鉄道株式会社・検査  不明 熊谷工・備考  我が国最初の側面総開き式貨車であるテキ100。30両が製造されワキ800同
『~惜別~秩父鉄道車両公園の保存車たち テキ100形テキ117』の画像

 1989年の開園から30年の長きに渡り、我々の目を楽しませてくれた秩父鉄道車両公園の保存車たち。4月、これらの車両を老朽化に伴い解体撤去するという公式の発表がありました。非常に残念ではありますが、これも避けられない彼らの運命なのかもしれません。ここの保存車と言
『~惜別~秩父鉄道車両公園の保存車たち ワキ800形ワキ824』の画像

↑このページのトップヘ