輝かしき鉄道の記録

爽やかな青空の下、石を満載した列車が工場へと向かう。いつもの場所、いつもの時間、代り映えしないしインスタ映えもしない光景。でも、それが最高にいい。

タグ:森林鉄道機関車

今回は、赤沢自然休養林にて保存されている長野営林局王滝営林署No.131を紹介します。

車両のデータ

・車番  No.131
・製造年 1960(昭和35)年
・製造所 酒井工作所
・製番  6328
・自重  5トン
・所有者 上松町(林鉄現役最後は王滝営林署)    
・経歴  [納入1960年]王滝営林署
     [転属1978年]上松運輸営林署 ※赤沢保存線建設に伴う転属。
・備考  木曽に入った酒井工作所の5トン機では最終ロットに属する。末期は
     最後まで残った鯎川線で同型のNo.132とともに使用されていた。この
     頃は林鉄人気で多くのファンが訪れ写真等も多数残っている。その後
     1977年には鯎川線も廃止となり本機も引退となったが、その翌年赤沢
     に建設されることになった保存線の建設工事用に抜擢され見事復活を    
     果たした。その際に王滝営林署から上松運輸営林署に移管されている
     赤沢ではしばらくの間グリーンの王滝塗装で使用されていたがその後
     上松運輸塗装に変更された。1985年に伊勢神宮式年遷宮用の御神木を
     赤沢から搬出した際はその運材列車を牽引し一躍時の機関車となる。
     1987年、観光用に保存線の季節運行が開始されてからはその客車牽引
     に活躍したが後に新型のAFT型が導入されると予備機となり、現在は
     丸山渡の支線に留置されている。

H26 5/3 丸山渡停車場にて。
88
上松運輸塗装が剥がれ王滝グリーンが顔を覗かせている。
IMG_0672
IMG_0678

今回は、木曽は開田高原のライオン王国にて保存されていた長野営林局上松運輸営林署No.130を紹介します。

車両のデータ

・車番  No.130
・製造年 1960(昭和35)年
・製造所 酒井工作所
・製番  6327
・自重  10トン
・所有者 開田高原ライオン王国(現役最後は上松運輸営林署)    
・経歴  [納入1960年]上松運輸営林署
     [廃車1975年12月]   〃 
     [保存19XX年]大桑村あてら荘
     [移転保存19XX年]開田高原ライオン王国
     [解体撤去2009年]    〃
・備考  木曽のキャブフォワードこと酒井工作所製C4型の第3号であるNo.130
     従来のNo.122、128と比べるとテールランプがエンドビームに埋め込
     まれ、ヘッドライトがヒサシ下に移動するなどの変更点がある。
     本線牽引の主力機として王滝本線、鯎川線(大鹿~坊主岩)などで
     大活躍し、王滝本線廃止の1975年に廃車されている。廃車後は大桑村
     のあてら荘で保存された後開田高原のライオン王国というキャンプ場
     に移転保存された。その後2009年頃に人知れず解体されてしまった。
     私は小学生の時家族旅行のついでに一度訪れただけでまともな写真を   
     撮っていないのが悔やまれる。     

H18 6/3 ライオン王国にて。この時撮ったのはこの一枚のみ...
木曽No130

今回は、伊豆の天城ゆうゆうの森にて保存されている長野営林局上松運輸営林署No128を紹介します。

車両のデータ

・車番  No.128
・製造年 1960(昭和35)年
・製造所 酒井工作所
・製番  6319
・自重  10トン
・所有者 現所有者不明(林鉄現役最後は上松運輸営林署)    
・経歴  [納入1960年]上松運輸営林署
     [廃車1977年]   〃  
     [保存19XX年]天城ゆうゆうの森(昭和の森大川端キャンプ場)
・備考  木曽に入った酒井工作所の5トン機では最終ロットに属する。末期は
     最後まで残った鯎川線で同型のNo.132とともに使用されていた。この
     酒井工作所製C4型。通称木曽のキャブフォワードの第2号であるこの
     No.128は、試作的要素の強かったNo.122に比べて正面窓がハの字で
     なくなり手ブレーキハンドルの向きが横向きになるなど形態に変化
     がみられる。本線牽引の主力として王滝本線、鯎川線(大鹿~坊主
     岩)で使用され、1975年に王滝本線が廃止になった後も残り1977年
     に廃車されている。廃車後は伊豆は天城の昭和の森(現天城ゆうゆう
     の森)というキャンプ場に保存され現在に至る。このキャンプ場は
     現在閉鎖されているようで今後が心配される。

H27 8/21 天城ゆうゆうの森にて。
IMG_5685
IMG_5680
IMG_5643
IMG_5691


今回は、寝覚の床(遊歩道)にて保存されている長野営林局上松運輸営林署のNo.120を紹介します。

車両のデータ

・車番  No.120
・製造年 1957(昭和32)年
・製造所 酒井工作所
・製番  6277
・自重  5トン
・所有者 上松町・赤沢森林鉄道記念館(現役最後は上松運輸営林署)
・経歴  [納入1957年]上松運輸営林署
     [廃車1976年11月] 〃
     [保存1978年]赤沢森林鉄道記念館
     [移転保存1987年]寝覚ノ床遊歩道
・備考  従来、蒸気機関車がラッセル車を推進する形で行っていた除雪方法を
     転換すべく登場したロータリー式除雪用機関車である。除雪の際は
     パワー不足のため補機を連結して運用していたという。ロータリー 
     ヘッドは着脱式で夏季などはヘッドを外し代わりにバランスウェイト     
     を装着して除雪以外の用途にも使用されていた。晩年はブルドーザー  
     に変わられて除雪での活躍は少なかった様だ。王滝本線廃止後も残り
     レール等の撤去列車に使用された。1976年の廃車後、1978年に開設
     された赤沢の森林鉄道記念館にて一旦保存された後、1987年、保存
     運転用に寝覚ノ床からやって来たNo.86と入れ替わる形で寝覚ノ床に
     移設保存された。その際、ラッセルヘッドのみ赤沢に置き去りにされ
     たため寝覚ノ床では夏仕様の姿となっている。ヘッドは現在も記念館  
     の脇で保管されている。
H24~H28 寝覚ノ床遊歩道にて。

888
999
555
9285
1000
8888
IMG_7145
赤沢のロータリーヘッド H26 5/3 森林鉄道記念館にて。
333

今回は、赤沢休養林森林鉄道記念館にて保存されている長野営林局上松運輸営林署No122を紹介します。この機関車は1958(昭和33)年酒井工作所製の10トン機(製番6294)で、木曽のキャブフォワードこと酒井C4型の記念すべき第一号機です。窓がハの字の点、ブレーキハンドルの向きが枕木と平行な点などこれ以降の号機とは異なる試作的要素の強い特徴を持っています。新製配置から林鉄廃止まで約17年間に渡り本線牽引機として活躍、現在は赤沢で良好な状態で保存されています。。特徴的な湘南顔のスタイル、堂々とした勇姿は今も色あせることはありません。
H26 5/3 赤沢休養林森林鉄道記念館にて。
木曽No122
IMG_0619


↑このページのトップヘ