輝かしき鉄道の記録

爽やかな青空の下、石を満載した列車が工場へと向かう。いつもの場所、いつもの時間、代り映えしないしインスタ映えもしない光景。でも、それが最高にいい。

タグ:木曽森林鉄道

今回は、長野営林局No.7を紹介します。

車両のデータ

・車番  No.7(旧番10)
・局形式 GB4

・製造年 1926(大正15)年
・製造所 ホイットコム・ロコモティブ・ワークス
・製番  12234
・自重  4.0トン
・所有者 長野営林局(保存=林野庁森林技術総合研修所)     
・経歴  [納入1926年]帝室林野局木曽支局(松本出張所)
     [改組1947年]長野営林局(松本営林署)前川森林鉄道
     [改造1951年]エンジン換装 ブダKTU→加藤製作所KA  
     [改番1953年]No.10→No.7
     [転属1959年]王滝営林署(氷ヶ瀬製品事業所)
     [廃車1963年]廃車→保存
     [移転1963年]前橋営林局沼田営林署(利根機械化技術指導所)
             現在林野庁森林技術総合研修所 
             林業機械化センター
     [納入1926年]帝室林野局木曽支局(松本出張所)
     [改組1947年]長野営林局(松本営林署)前川森林鉄道  
     [改番1953年]No.10→No.7

     [転属1961年]王滝営林署 この年には沼田へ搬入
     [廃車1963年]名目上この年に王滝営林署で廃車
     
[移転1963年]前橋営林局沼田営林署(利根機械化技術指導所)
        ↳名目上の移転日
 ※補足 「木曽谷の森林鉄道」によると黒文字のような経歴になっているが、
     「機関車表」では赤文字のように記録されている。真実はいかに..
     赤文字が正しいとすれば実質木曽では使用されていないことになる
     が備考では使用されたていで記述する。
   
・備考  長野局におけるホイットコム社製機関車は、1921年に初のガソリン
     機関車として阿寺に導入されたNo.1を皮切りとして1928年までの間
     に10両が導入されている。このNo.7は1926年に導入されたもの(旧
     番No.10として)で、それまでの7両が自重3.0トンだったのに対して
     同機は4.0トンに変更されている。これは前年、自重3.0トンでは牽引
     力不足であるという理由から導入したプリマウスFL-1型4.0トンの試
     用結果が良好であったということが背景にある。同機の初任地等に
     ついての詳細は不明だが、戦後から1959年までは松本営林署の前川
     森林鉄道で使用されていたようである。その後王滝営林署に転属して
     1962年頃まで氷ヶ瀬製品事業所にて使用の後、さらに1963年には
     前橋営林局沼田営林署機械課の利根機械化技術指導所に学習用機械と
     して転属し現在に至る。同所は何度か改称し、現在は林野庁森林技術
     総合研修所林業機械化センターとなっている。当初は屋内展示であっ
     たが現在は屋根付きの屋外展示である。劣化が進んでいたが2008年頃
     からボランティアの手により修復され見事動態復活を果たした。
                     参考 「木曽谷の森林鉄道」 他
IMG_5651
IMG_5619
07
08
IMG_5890
IMG_7968
IMG_5588
IMG_5806
IMG_5848
修復前
IMG_2671


             
     
     

     
     
     
     

今回は、長野営林局No.47を紹介します。

車両のデータ

・車番  No.47(旧番56)
・局形式 GB4→DB4

・製造年 1940(昭和15)年
・製造所 加藤製作所
・製番  不明
・自重  4.1トン
・所有者 長野営林局(現中部森林管理局)     
・経歴  [納入1915年]帝室林野局木曽支局(上松運輸出張所)
     [改組1947年]長野営林局(上松運輸営林署)  
     [改番1953年]No.56→No.47
     [改造1954年]機関換装 ガソリン→ディーゼル
                  ブダKA428→ダイヤモンド361B
                  後にいすゞDA120に換装
     [転属1955年]臼田営林署(三川森林鉄道)
     [転属1962年]上松運輸営林署
     [廃車1975年]廃車→保存(上松)
     [移転1986年]赤沢自然休養林
     [移転198X年]長野営林局(現中部森林管理局)庁舎前
・備考  帝室林野局木曽支局は12両の加藤製作所製機関車を導入したが、この
     No.47は唯一の現存機である。特徴的な車体は上松運輸営林署機工課
     が作成したもので加藤オリジナルではない。また、台枠についても
     製造年と形状がそぐわないことから振り換えられている可能性が高い
     詳細な経歴は不明であるが一時臼田営林署に転属した以外は上松運輸
     で使用されている。木曽では少数派で廃車の早かった加藤製機関車で
     あったがこのNo.47は最後まで生き残り晩年は上松運輸営林署機工課
     の工場で入換に使用されていた。エアーブレーキは未装備であった。
     廃車後はしばらく上松貯木場で保管されていたが赤沢自然休養林に
     移設された。更にNo.93と交換する形で長野営林局庁舎前に移設され
     現在に至る。塗装は現役末期はグリーン+マルーンであったが保存に
     際しクリーム+マルーンに変更された。庁舎前に移設されてからは
     再びグリーン+マルーンに変更されている。

                   参考「木曽谷の森林鉄道」 他
 H28 4/10 中部森林管理局にて。
IMG_3078
IMG_3086
木曽No047
IMG_2728
IMG_2726
※R1 12/18 記事改訂

今回は、赤沢自然休養林にて保存されている長野営林局王滝営林署No.131を紹介します。

車両のデータ

・車番  No.131
・製造年 1960(昭和35)年
・製造所 酒井工作所
・製番  6328
・自重  5トン
・所有者 上松町(林鉄現役最後は王滝営林署)    
・経歴  [納入1960年]王滝営林署
     [転属1978年]上松運輸営林署 ※赤沢保存線建設に伴う転属。
・備考  木曽に入った酒井工作所の5トン機では最終ロットに属する。末期は
     最後まで残った鯎川線で同型のNo.132とともに使用されていた。この
     頃は林鉄人気で多くのファンが訪れ写真等も多数残っている。その後
     1977年には鯎川線も廃止となり本機も引退となったが、その翌年赤沢
     に建設されることになった保存線の建設工事用に抜擢され見事復活を    
     果たした。その際に王滝営林署から上松運輸営林署に移管されている
     赤沢ではしばらくの間グリーンの王滝塗装で使用されていたがその後
     上松運輸塗装に変更された。1985年に伊勢神宮式年遷宮用の御神木を
     赤沢から搬出した際はその運材列車を牽引し一躍時の機関車となる。
     1987年、観光用に保存線の季節運行が開始されてからはその客車牽引
     に活躍したが後に新型のAFT型が導入されると予備機となり、現在は
     丸山渡の支線に留置されている。

H26 5/3 丸山渡停車場にて。
88
上松運輸塗装が剥がれ王滝グリーンが顔を覗かせている。
IMG_0672
IMG_0678

今回は、木曽は開田高原のライオン王国にて保存されていた長野営林局上松運輸営林署No.130を紹介します。

車両のデータ

・車番  No.130
・製造年 1960(昭和35)年
・製造所 酒井工作所
・製番  6327
・自重  10トン
・所有者 開田高原ライオン王国(現役最後は上松運輸営林署)    
・経歴  [納入1960年]上松運輸営林署
     [廃車1975年12月]   〃 
     [保存19XX年]大桑村あてら荘
     [移転保存19XX年]開田高原ライオン王国
     [解体撤去2009年]    〃
・備考  木曽のキャブフォワードこと酒井工作所製C4型の第3号であるNo.130
     従来のNo.122、128と比べるとテールランプがエンドビームに埋め込
     まれ、ヘッドライトがヒサシ下に移動するなどの変更点がある。
     本線牽引の主力機として王滝本線、鯎川線(大鹿~坊主岩)などで
     大活躍し、王滝本線廃止の1975年に廃車されている。廃車後は大桑村
     のあてら荘で保存された後開田高原のライオン王国というキャンプ場
     に移転保存された。その後2009年頃に人知れず解体されてしまった。
     私は小学生の時家族旅行のついでに一度訪れただけでまともな写真を   
     撮っていないのが悔やまれる。     

H18 6/3 ライオン王国にて。この時撮ったのはこの一枚のみ...
木曽No130

今回は、伊豆の天城ゆうゆうの森にて保存されている長野営林局上松運輸営林署No128を紹介します。

車両のデータ

・車番  No.128
・製造年 1960(昭和35)年
・製造所 酒井工作所
・製番  6319
・自重  10トン
・所有者 現所有者不明(林鉄現役最後は上松運輸営林署)    
・経歴  [納入1960年]上松運輸営林署
     [廃車1977年]   〃  
     [保存19XX年]天城ゆうゆうの森(昭和の森大川端キャンプ場)
・備考  木曽に入った酒井工作所の5トン機では最終ロットに属する。末期は
     最後まで残った鯎川線で同型のNo.132とともに使用されていた。この
     酒井工作所製C4型。通称木曽のキャブフォワードの第2号であるこの
     No.128は、試作的要素の強かったNo.122に比べて正面窓がハの字で
     なくなり手ブレーキハンドルの向きが横向きになるなど形態に変化
     がみられる。本線牽引の主力として王滝本線、鯎川線(大鹿~坊主
     岩)で使用され、1975年に王滝本線が廃止になった後も残り1977年
     に廃車されている。廃車後は伊豆は天城の昭和の森(現天城ゆうゆう
     の森)というキャンプ場に保存され現在に至る。このキャンプ場は
     現在閉鎖されているようで今後が心配される。

H27 8/21 天城ゆうゆうの森にて。
IMG_5685
IMG_5680
IMG_5643
IMG_5691


今回は、寝覚の床(遊歩道)にて保存されている長野営林局上松運輸営林署のNo.120を紹介します。

車両のデータ

・車番  No.120
・製造年 1957(昭和32)年
・製造所 酒井工作所
・製番  6277
・自重  5トン
・所有者 上松町・赤沢森林鉄道記念館(現役最後は上松運輸営林署)
・経歴  [納入1957年]上松運輸営林署
     [廃車1976年11月] 〃
     [保存1978年]赤沢森林鉄道記念館
     [移転保存1987年]寝覚ノ床遊歩道
・備考  従来、蒸気機関車がラッセル車を推進する形で行っていた除雪方法を
     転換すべく登場したロータリー式除雪用機関車である。除雪の際は
     パワー不足のため補機を連結して運用していたという。ロータリー 
     ヘッドは着脱式で夏季などはヘッドを外し代わりにバランスウェイト     
     を装着して除雪以外の用途にも使用されていた。晩年はブルドーザー  
     に変わられて除雪での活躍は少なかった様だ。王滝本線廃止後も残り
     レール等の撤去列車に使用された。1976年の廃車後、1978年に開設
     された赤沢の森林鉄道記念館にて一旦保存された後、1987年、保存
     運転用に寝覚ノ床からやって来たNo.86と入れ替わる形で寝覚ノ床に
     移設保存された。その際、ラッセルヘッドのみ赤沢に置き去りにされ
     たため寝覚ノ床では夏仕様の姿となっている。ヘッドは現在も記念館  
     の脇で保管されている。
H24~H28 寝覚ノ床遊歩道にて。

888
999
555
9285
1000
8888
IMG_7145
赤沢のロータリーヘッド H26 5/3 森林鉄道記念館にて。
333

今回は、王滝森林鉄道で活躍したカブース(制動車)を紹介します。カブースは見張り員を乗せて運材列車の最後尾に連結され、所謂車掌車のような役割を果たしていました。そんな木曽ならではのカブースですが、現在は在籍した8両中5両が現存しています。

①制3
中部森林管理局前にて加藤製No47、C客とともに保存されている1両。元々カブースは木製の台車であったがこの車はタンク車の鉄製台車に履き替えられている。デッキも妙にしっかりした物が付いているが現役時代に改造されたのか保存に際し改造されたのかは不明である。カブースの保存車で表記が復元されているのは同車が唯一。H28 3/7
木曽カブ03
②制4
酒井C4No140、大型B客という豪華な顔ぶれとともに石川県立森林公園で保存されている制4。この車もまた台車を鉄製運材台車のものに履き替えられている。こちらは現役時代も鉄製台車を履くカブースとして異彩を放っていたようで、当時の写真も残っている。現在かなり荒廃が進んでおり修復しなければ今にも崩れ落ちてしまいそうだ。H26 8/14
木曽カブ04
③制5
赤沢自然休養林の森林鉄道記念館横で屋外展示されている1両。木造台車を履いた標準スタイルである。他の車両もそうだが現役時代は鮮やかな赤色に塗装されていた。H26 5/3
木曽カブ05
④制6
大桑村にてモーターカーとともに保存されていた制6。雨ざらしではあったもののお色直しが行われるなど大切に保存された。そのご那珂川清流鉄道に移転している。H19 5/3
木曽カブ06
⑤制7
こちらは確証は無いが手すりの形状などから絞り込んで制7だと思われる。旧坂下森林鉄道の下柳橋にて協三製No139、運材台車とともに保存されている。元々付近の夕森公園で保存されていたが平成5年に現在の橋上に移設された模様。H26 5/3
木曽カブX01

以上5両のうち解体された制6を除く4両と、個人が保有する1両(制2か制8?)の計5両のカブース現存しているようです。上記4両は屋外展示で今後が心配ですが末永く残っていてほしいですね。

今回は、愛知県の定光寺自然休養林にて保存されている長野営林局上松運輸営林署No127を紹介します。この機関車は1956(昭和31)年協三工業製の10トン機(製番10188)で、木曽には1960(昭和35)年に北海道の北見営林局から転属してきました。晩年はみやま号等の客車列車の牽引に活躍することが多かったようです。1975(昭和50)年の王滝本線廃止まで生き残り、廃車後は岐阜のドライブインに保存されその後現在の場所にやってきました。
H27 9/6 定光寺自然休養林にて。
木曽No127
IMG_5980
IMG_5971


今回は、赤沢休養林森林鉄道記念館にて保存されている長野営林局上松運輸営林署No122を紹介します。この機関車は1958(昭和33)年酒井工作所製の10トン機(製番6294)で、木曽のキャブフォワードこと酒井C4型の記念すべき第一号機です。窓がハの字の点、ブレーキハンドルの向きが枕木と平行な点などこれ以降の号機とは異なる試作的要素の強い特徴を持っています。新製配置から林鉄廃止まで約17年間に渡り本線牽引機として活躍、現在は赤沢で良好な状態で保存されています。。特徴的な湘南顔のスタイル、堂々とした勇姿は今も色あせることはありません。
H26 5/3 赤沢休養林森林鉄道記念館にて。
木曽No122
IMG_0619


今回は、滝越の水交園にて保存されている長野営林局王滝営林署No119を紹介します。この機関車は1957(昭和32)年酒井工作所製の5トン機(製番6270)で、新製配置は野尻営林署でした。王滝営林署へは1964(昭和39)年に転属し廃車まで活躍しました。水交園では長らく静態保存されていましたが、2012(平成24)年にエンジンがレストアされ、王滝・滝越りんてつまつりにて披露されました。
H17 9/3 水交園にて。
木曽No119

↑このページのトップヘ