輝かしき鉄道の記録

夢のような光景。木曽谷に林鉄は健在である。

タグ:明延振興館

明神電車では鉱山関係者やその家族の輸送用に「わかば」「あおば」「くろがね」の3両の客車を運行していました。今回はそんな客車たちを紹介します。

①あおば号 1959(昭和34)年明延鉱山工作課製3トン車 軌間762mm
明延~神子畑間で1日3往復が運行されていた客車列車に充当されていた自社製の客車。乗車定員は15名。現在は史跡生野銀山にて保存されている。
明延あおば
IMG_6845
②わかば号 1960(昭和35)年明延鉱山工作課製3トン車 軌間762mm
あおば号と同形の自社製客車。あおば号は扉が右端にあるのに対しこちらは中央に扉がある。以前は道の駅あさごにて保存されていたが現在は神子畑選鉱場跡に移転している。
明延わかば
IMG_7027
③くろがね号 1949(昭和24)年明延鉱山工作課神子畑機械工場製3.6トン車 軌間762mm
1950年12月に行われた三菱鉱業社長の視察のための特別客車として製造された自社製ボギー台車式客車。明延最大の客車で定員は23名。その後はあおば、わかばとともに客車列車に充当された。現在一円電車明延線にて動態保存されている。
明延くろがね
IMG_7084
IMG_7088


今回は、明神電車の象徴とも言うべき小型電車「白金号」「赤金号」を紹介します。

①白金号 1952(昭和27)年明延鉱山工作課神子畑機械工場製2.3トン機 軌間762mm
連絡用小型電車の白金号は役員専用の特別車であったという。定員は6名。ボンネットが特徴的な外観で私としては明延といったらこれというイメージが強かった。以前は明延鉱山学習館で保存されていたが、2009年に明延振興館前に移設された。
明延しろがね号
IMG_7120
IMG_7116
IMG_7305
②赤金号 1953(昭和28)年明延鉱山工作課神子畑機械工場製3トン機 軌間762mm
戦前の加藤製作所製3トンガソリン機関車の鋳物台枠の一部を利用して製作されたゲテモノ電車。更に前輪と後輪の直径が違うというゲテモノぶりである。大きい方の動輪の部分に加藤の面影を残している。人員輸送や連絡用として活躍した。現在明延鉱山学習館前にて保存されている。
IMG_7192
明延赤金号
IMG_7196
IMG_7199


前回に引き続き明神電車の保存車を紹介します。今回紹介するのは電気機関車No.5、No.18、No.20です。


①No.5 1938(昭和16)~1944(昭和19)年三菱電機製5トン機 軌間762mm
導入当初は鉱石運搬、客車牽引など様々な仕事をこなしたが、晩年は自重の軽さと低出力から客車牽引専用機となっていようだ。製造年、製番等資料を見ても詳細な情報が見つからなかった。以前は道の駅あさごに保存されていたが現在は神子畑選鉱場跡に移設されている。
明延05
IMG_6993
IMG_7031
②No.18 1942(昭和17)年三菱電機製5.5トン機(製番236)軌間762mm
この機も晩年は客車牽引専用機として活躍した。形状などから前述のNo.5と同世代の機関車であると思われる。製造当初は明延と同じ三菱の生野鉱山で使用されたが後に明延に移って来た。その際に生野の軌間500mmから762mmに改軌改造されている。現在は明延振興館前で保存されてる。
明延18
IMG_7104
IMG_7134
③No.20 1951(昭和26)年三菱電機製10トン機 軌間762mm
明延の電気機関車のラストナンバー機。上記の2両と比べ10トンと大型で製造年も新しい。最後まで鉱石運搬の第一線で活躍した。現在は明延を離れ史跡生野銀山で保存されている。改軌等改造された車両が多い中で同機は運転室以外は原型を保っているという貴重な存在である。
明延20
IMG_6832
IMG_6850



↑このページのトップヘ