輝かしき鉄道の記録

夢のような光景。木曽谷に林鉄は健在である。

タグ:日立

今回は、JR伯備線総社駅から分岐していたカルピス岡山工場、ユニチカ常磐工場の専用線で活躍していたスイッチャーを紹介します。
このスイッチャーは1969(昭和44)年日立製の15トン機(製番13071)で、1969年に住友セメント向けに製造された同形4兄弟(製番13071~13074)の長男にあたります。(ちなみに末っ子の13074は最近まで松川の北芝専用線にいたので有名ですね。)いつ頃総社に移ったのかは不明ですが専用線廃止まで主力として活躍したものと思われます。引退後は長らく倉庫内に保管されていましたが、2013年9月に那珂川整流鉄道保存会によって引き取られ見事動態復活を果たしました。完全ではないものの那珂川では珍しくオリジナルに準じた塗装が再現されています。
H28 4/9 那珂川整流鉄道保存会にて。
総社 無番01
IMG_4033



以前、住友セメント栃木工場の日立製No11~No14を紹介しましたが、今回は日立兄弟の末っ子No15を紹介します。この機関車は1962(昭和37)年日立製の10トン機No15(製番12610)で、住友セメント栃木工場の原石軌道で活躍しました。1980(昭和55)年の軌道廃止後は個人が引き取り保管していましたが、2013年那珂川清流鉄道保存会によって引き取られ、動態保存されました。これにより先に保存されていた兄弟のNo14と約33年ぶりの再会を果たしたことになります。No14、15ともに国鉄DL風の塗装に塗り替えられており、番号表記もないため、一見見分けがつきませんが、タイフォンの有無等により判別することができます。タイフォン有りがNo15、無しがNo14です。是非ともあの背中合わせの運転を見てみたいですね。
H27 11/1 那珂川清流鉄道保存会にて。
88
H27 6/7 那珂川清流鉄道保存会にて。888

今回は神戸製鋼所高砂製作所の構内軌道で活躍するスイッチャーを紹介します。
このスイッチャーは1972(昭和47)年日立製の25トン機DL1(製番13205)です。「活躍する」と書きましたが、構内の隅に留置され錆も目立つ状態なので現役であるのかどうかは不明です。
H25 7/30 製作所対岸より撮影
神鋼高砂3

住友セメント栃木の機関車最後に紹介するのはNo14です。この機関車は1962(昭和37)年日立製の10トン機No14(製番12609)で、廃車後は個人に引き取られ長らく非公開で保存されていましたが、つい最近栃木の那珂川清流鉄道保存会によって引き取られ同保存会で動態保存されることとなりました。はやく元気に走る姿を見たいですね。姿を消したNo11や12もこんな感じでひょっこり現れてくれると良いのですが(笑
H25 6/15 馬頭運送にて。※許可を得て撮影

住友唐沢No14IMG_1069
H27 11/1 那珂川清流鉄道保存会にて。
65

またまた前回に続き紹介するのはNo13です。この機関車は1962(昭和37)年日立製の10トン機No13(製番12608)で、現在は葛生文化センター前にて鉱車や人車とともに大切に保存されています。葛生を訪れたら是非見学してみてください。
H24 5/11 葛生文化センターにて。
住友唐沢No13
H27 2/14 葛生文化センターにて。
IMG_0985222

前回のNo11に続きNo12を紹介します。この機関車は1962(昭和37)年日立製の10トン機No12(製番12607)で、No11とほぼ同じ運命をたどってきたと思われます。追記 同機は解体撤去されたとのことです。H27 11/23
H18 3/5 栃木県佐野市某所 ※許可を得て撮影



住友 No12

栃木県葛生町にある住友セメント栃木工場では、1980(昭和55)年まで工場~鉱山(住友セメント唐沢鉱山)間の鉱石輸送のために762㎜のナロー軌道を運行していました。今回はそこで使用されていたディーゼル機関車No11を紹介します。この機関車は1962(昭和37)年日立製の10トン機No11(製番12606)で、主に同僚のNo12とタッグを組んで軌道廃止時まで鉱石輸送に活躍しました。廃車後は個人に引き取られ、数年前まで佐野市某所の資材置き場にNo12とともに放置されていました。現在の消息は不明です・・・ご存知の方がいらっしゃいましたら是非ご報告お願いします。追記 同機は解体撤去されたとのことです。H27 11/23
H18 3/5 栃木県佐野市某所 ※許可を得て撮影

住友 No11

 今回紹介するのはタキ300形濃硫酸及び発煙硫酸専用車のタキ4399です。

撮影日時点でのデータ

・製造年 1957(昭和32)年?
・廃車年 1999(平成11)年?
・所有社 日本鉱業株式会社
・常備駅 日立駅
・検査  H7 2/24~H11 2/24 ※廃車解体済み
・撮影日 H21 8/15 東邦亜鉛専小名浜精錬所用線にて。


タキ4399


















今回は、JR貨物信越本線貨物支線焼島駅から分岐する北越紀州製紙新潟工場専用線で活躍していたスイッチャーを紹介します。
このスイッチャーは1967(昭和42)年日立製の35トン機No3(製番12943)で、工場構内の入換えと貨車の引き込み引き出しに使用されました。2010年のワム80000形運用廃止による列車完全コンテナ化に伴い同専用線が廃止されたため、同車も廃車されたものと思われます。
H22 7/29 焼島駅にて。
焼島

今回は、秩父鉄道武州原谷駅の太平洋セメント専用線で活躍しているスイッチャーを紹介します。
このスイッチャーは1967(昭和42)年日立製の45トン機D304(製番12927)で、石灰石列車の入換に使用されています。2014年に本輪西からDD512が転属して来たため予備機になったものと思われますが、かつての予備機D203のように殆ど動かないという訳ではないようです。
H23 4/4 武州原谷駅にて。
8
IMG_1148
H27 5/1 武州原谷駅にて。側面に変化が見られる。
87

↑このページのトップヘ