輝かしき鉄道の記録

専用線の機関車たちは最後の勇姿を見せる。また一つ、輝かしき鉄道が過去のものとなった。

タグ:日本輸送機

 少し時間が空いてしまいましたが続いても明延鉱山の保存車を紹介します。今回紹介するのは坑内や作業場の500mm軌道で活躍したバッテリーロコたちです。


①No242 1955(昭和30)~1975(昭和50)年日本輸送機製2トン機 軌間500mm
全国の鉱山で見られる日輸の王道バテロコ。坑内軌道で1トン鉱車などをゴロゴロ牽引していた。この車の銘板は失われており製造年や製番は不明である。資料を見ても詳細な情報は載っていなかった。現在明延鉱山学習館にて保存されている。この他にも同形機が明延鉱山探検坑道内に2両展示されている。
IMG_7162
IMG_7169
IMG_7167
②No302 1951(昭和26)年日本輸送機製3トン機(製番11472) 軌間500mm
少し大きめの3トン機。現存するもので4トン機はよく見かけるが3トンというのはレアではないだろうか。こちらも坑内軌道で鉱車を牽引していた。現在明延鉱山学習館にて保存。
IMG_7184
IMG_7181
IMG_7174
③No402 詳細不明4トン機 軌間500mm
こちらはあけのべ自然学校にて保存されている。大仙選鉱場を解体した際に引き上げられた機関車であると思われるが、402号機であることと軌間500mmであること以外は一切不明で資料も見つからなかった。2トン機が200番台、3トン機が300番台の番号を与えられていることから400番台のこの車は4トンであると予想。詳細をご存知の方は是非コメントをください。
IMG_7282
明延402
IMG_7271
③蓄電池人車 1955(昭和30)~1965(昭和40)年 三菱鉱業下川鉱山工作課製 軌間500mm
明延鉱山学習館にて保存されている自走式の人車。北海道の三菱鉱業下川鉱山工作課の手によって製造され、同鉱山閉山後に遥々明延に転属し坑内軌道の巡視や連絡用に使用されていたとのこと。この車以外にも明延鉱山体験坑道内に同形車が展示されている。別名はパトロールカー。自重、製番、製造年などの詳細は不明である。
IMG_7152
明延BL人車

 言わずと知れた明延鉱山の明神電車。廃止後も多くの車両が保存されその姿を留めています。今回は明延鉱山学習館にて保存されている電気機関車No.1とNo.2を紹介します。

①No.1 1941(昭和16)年日本輸送機製10トン機(製番1375)
明神電車の軌間が500mmの時代に導入された古参兵。導入直後の762mm軌道への改軌に伴う改造で早々に原形は失われてしまった様である。明神電車の改軌が1941年であり同車の製造年と重なることから原形で活躍した期間はかなり短かったのだろうか。最後まで鉱石運搬専用機として活躍し、廃止後は兄弟のNo.2とともに故郷の明延鉱山学習館前に安住の地を得た。
明延01
IMG_7209
IMG_7216
②No.2 1941(昭和16)年日本輸送機製10トン機(製番1376)
No.1の双子の弟に当たる機関車で、そっくり同じ同形機である。そして同じ運命を辿っている。
明延02
IMG_7250
③遠隔操作用有線機器車
No.1とNo.2は鉱車編成の両側にこの遠隔操作用の有線機器車を挟んで連結され運用していた。これにより終点での機回しが省略されていた。有線機器車も2両が保存され、当時の編成が再現されている。
IMG_7221
IMG_7249
再現された鉱石列車の編成。当時は30両ものグランビー鉱車を連ねていたという。
IMG_7252




かつて常盤炭鉱で栄えた町、いわき市常磐湯本にある「いわき市石炭・化石館」では2両の抗内用機関車が保存されています。今回はそんな2両を紹介します。


①バッテリー機関車(無番) 1962(昭和37)年日立製作所製4.5トン機(製番580222)
運用場所などの詳細は不明だが、炭鉱の坑内鉄道で活躍したバテロコ。積載炭車6両を牽引できるという。日輸が溢れるバテロコ業界で日立のバテロコはなかなかレアではないだろうか。
IMG_6015
IMG_6007
②ディーゼル機関車(無番) 1959(昭和34)年日本輸送機製6トン機
こちらも詳細は不明。抗内用DLとしては比較的大型で、積載炭車14両を牽引可能。このような坑内用DLは西の方ではちょこちょこ残っているようだが東日本ではあまり見かけない。
IMG_6021
いわきDL




1989(平成元)年に閉山した佐渡金山は、現在「史跡 佐渡金山」として営業し一般に公開されています。今回はそこで保存展示されているバテロコ達を紹介します。

①バテロコNo1 1969(昭和44)年日本輸送機製4トン機(製番3843001)
坑内から砕石場への鉱石運搬に使用されていた機関車で、同型のものがもう一両存在し交互に使用されていた。以前はNo1の表記があったが現在は消されている。佐渡金山に残る唯一の4トン機である。道遊の割戸を望む車庫内に保存されている。
佐渡No01
②バテロコNo2 1969(昭和44)年日本輸送機製2トン機(製番3820003)
佐渡金山の代表形式とも言うべき2トン機。1トン鉱車を10両ほど牽引できるという。こちらは機械工場内で保存されている。
佐渡No02
③バテロコNo3 1969(昭和44)年日本輸送機製2トン機(製番3808003)
No2と同形。機械工場内で保存。
佐渡No03
④バテロコNo5 1969(昭和44)年日本輸送機製2トン機(製番不明)
No2と同形。機械工場内で保存。坑道内の同形機もかつてNo5と表記されていたためどちらが本当のNo5かは不明。
佐渡No05
⑤バテロコNo6 1968(昭和43)年日本輸送機製2トン機(製番3758005)
No2と同形。ボタンで汽笛を鳴らすことができる。屋外展示。
佐渡No06
⑥バテロコNo7 1969(昭和44)年日本輸送機製2トン機(製番3841005)
No2と同形。屋外展示。
佐渡No07
⑦バテロコNo8 1969(昭和44)年日本輸送機製2トン機(製番不明)
No2と同形。グランビー鉱車6両を牽引した状態で展示されている。屋外展示。
佐渡No08
⑧バテロコNo10 1968(昭和43)年日本輸送機製2トン機(製番3750003)
No2と同形。平トロと連結している。屋外展示。
佐渡No10
⑨バテロコ番号不明1 1969(昭和44)年日本輸送機製2トン機(製番不明)
No2と同形。ライトが点灯している。以前はNo5と表記されていたが現在表記はない。前述のとおり機械工場のNo5とどちらが本当のNo5か不明である。そもそも車体番号が現役当時のものなのか自体不明だが…
佐渡F02
⑩バテロコ番号不明2 1960(昭和35)年日本輸送機製2トン機(製番34036)?
唯一他と形態の異なる2トン機。大きな「ニチユ」の文字が目立つ。製番等は読み取れなかったがいかにも古そうなので1950~1968年の間で1960年に1両だけ導入された車両だと予想。
佐渡F01

以上、佐渡金山のバテロコ全10両を紹介しました。次回は佐渡金山の鉱車、人車等を紹介します。




↑このページのトップヘ