輝かしき鉄道の記録

夢のような光景。木曽谷に林鉄は健在である。

タグ:放置貨車

今回は、富山県某所にて重油用の据え置きタンクとして利用されているタム200形二硫化炭素専用車のタム233を紹介します。

この車両は全体をこってり銀塗装されており、表記は薄ら浮き上がっているものの解読できるのはタム233の表記と駅常備、専用の表記のみで肝心の何駅常備なのか何専用なのかが分かりません。二硫化炭素専用車と書きましたがどうも違う文字が書いてあるように見えるので何らかの理由で専用種別が変更された車両のかもしれません。タム233についての資料は殆どなく、調べて判明したのは1935(昭和10)年新潟鐵工製ということだけでした。所有社ももちろん不明ですが赤い丸型の社紋が描かれていたようです。
タム233について何かご存知の方がいらしゃいましたら是非教えてください。
IMG_1462


続いても埼玉県某所にて倉庫として利用されている西武ワフ1形の車番不明車を紹介します。他に現存するもの、または現存したものを除くと消去法でワフ5~9のどれかと思われます。

車両のデータ 

・製造年 1967年(昭和42)年~1969(昭和44)年の間
・製造年 西武所沢工場 ト31形より改造
・検査  不明   
・状態  屋根下に設置。表記は台枠に残るも車番表記なし。テールランプ片側欠損。
・撮影日 H27 4/5 埼玉県某所にて。
西武ワフ01BF

今回は埼玉県某所にて倉庫として利用されている西武ワフ1形ワフ2を紹介します。

車両のデータ 

・製造年 1967年(昭和42)年
・製造年 西武所沢工場 ト31形より改造
・検査  不明   
・状態  屋根下に設置。台枠のみ表記現存。
・撮影日 H27 4/5 埼玉県某所にて。
西武ワフ02


続いても埼玉県某所にて倉庫として利用されている西武テキ401形テキ406を紹介します。

車両のデータ 

・製造年 1969年(昭和44年)
・所有社 三菱鉱業セメント株式会社
・常備駅 東横瀬駅 (運用区間 東横瀬~狭山ヶ丘)
・検査  ? 10~? 10  
・状態  錆が目立つが比較的状態良好。
・撮影日 H27 5/1 埼玉県某所にて。
西武テキ406



今回は栃木県某所にて倉庫利用されていたワム80000形のワム184437を紹介します。

車両のデータ 

・区分番台 2次量産車
・製造年  1968(昭和43)年
・製造所  川崎車両
・検査   不明         
・状態   状態良好。白屋根だがこれは倉庫化後の塗装か。撤去済み。
・撮影日  H27 6/7 栃木県某所にて。
ワム184473

今回は栃木県某所にて倉庫利用されているワム80000形のワム184429を紹介します。

車両のデータ 

・区分番台 2次量産車
・製造年  1968(昭和43)年
・製造所  川崎車両
・検査   S52 6~S56 6 鷹取工         
・状態   比較的状態良好。
・撮影日  H28 6/25 栃木県某所にて。
ワム184429

今回は群馬県某所にて倉庫利用されているワム80000形のワム184284を紹介します。

車両のデータ 

・区分番台 2次量産車
・製造年  1968(昭和43)年
・製造所  日本車両
・検査   S52 4~S56 4 郡山工         
・状態   比較的状態良好。
・撮影日  H27 7/5 福島県某所にて。
IMG_3419

今回は群馬県某所にて倉庫利用されているワム80000形のワム183328を紹介します。

車両のデータ 

・区分番台 2次量産車
・製造年  1968(昭和43)年
・検査   不明         
・状態   状態良好だが表記がほぼ消えている。
・撮影日  H27 4/29 新潟県某所にて。
ワム183328



今回は、福島県某所にて倉庫利用されているレム5000形のレム6072を紹介します。

車両のデータ 

・区分番台 2次型
・製造年  1967(昭和42)年
・検査   S54 4~S57 4           
・状態   青帯はほぼ消滅しているが表記は残っている。
・撮影日  H26 4/29 福島県某所にて。
レム6072

今回は群馬県某所にて倉庫利用されているワム80000形のワム181454を紹介します。

車両のデータ 

・区分番台 2次量産車
・製造年  1968(昭和43)年
・検査   S56 10~S59 10 土崎工         
・状態   錆が目立つが比較的状態良好。
・撮影日  H24 10/27 群馬県某所にて。
ワム181454


↑このページのトップヘ