輝かしき鉄道の記録

爽やかな青空の下、石を満載した列車が工場へと向かう。いつもの場所、いつもの時間、代り映えしないしインスタ映えもしない光景。でも、それが最高にいい。

タグ:ワフ50

 今回は某所にて放置されていた秩父鉄道ワフ50形の車番不明車を紹介します。

 車両のデータ

・製造年 1979(昭和54)年(スム4000形スム4032から改造)
・廃車年 1988(昭和63)年
・製造所 日本車両(種車のスム4032は1963(昭和38)年日本車両製)
・所有社 秩父鉄道株式会社
・検査  不明 熊谷工 
・備考  解体場に放置されていた個体。扉が撤去されて車番は不明である。種車の
     スム4032の表記は残るがワフ50については情報が少ないため車番の推測は
     難しい。状況からみて何処かで倉庫利用されていたものを撤去してここへ
     持ってきたのだろうか。現在は消息不明で恐らく解体されたものと思われる。
IMG_0425

     

 最後はワフ50形のワフ51を紹介します。

 車輛のデータ

 
・製造年 1979(昭和54)年(スム4000形スム4003から改造)
・廃車年 1988(昭和63)年
・製造所 日本車両(種車のスム4003は1963(昭和38)年日本車両製)
・所有社 秩父鉄道株式会社
・検査  S58 6~S62 6 熊谷工
・備考  ヨ10形同様他車からの改造で誕生した緩急車。種車はスム4000形で9両が
     改造された。老朽化した旧型の緩急車を置き変える目的で誕生したこの形式
     であったが昭和62年に緩急車が廃止された為、運用期間は約8年と短命だった。
     公園ではワフ51のみ他の貨車と離れた最奥に展示されており晩年は立ち入り
     禁止区域になってしまい近寄ることができなかった。記載する写真は平成25
     年と令和元年の物だがここ数年でかなり劣化が進んだことが伺える。
     他に倉庫としての現存車があるがこちらも撤去は時間の問題という状況の様で
     共に解体されれば完全消滅となってしまう。他に現存する可能性もあるが。。。
     以下案内板より抜粋「この車両は、ワフ20形式・30形式・40形式の老朽化に
     伴いスム車を改造した車両です昭和62年9月から緩急車を連結しなくても貨物
     列車の運行ができるようになりました。このため役割が終了、昭和63年3月に
     引退しました。」

・撮影日 R1 5/5 ・H25 10/25(近写) 秩父鉄道車両公園にて。
秩父ワフ51
IMG_5462
DSC_0574
IMG_5643

以上、別れの時迫る6両の貨車たちを紹介しました。これまでの活躍に感謝を込めて。

 今回は埼玉県某所にて倉庫利用されている秩父鉄道ワフ50形のワフ59を紹介します。

 車両のデータ

・製造年 1979(昭和54)年(スム4000形スム4005から改造)
・廃車年 1988(昭和63)年
・製造所 日本車両(種車のスム4005は1963(昭和38)年日本車両製)
・所有社 秩父鉄道株式会社
・検査  不明 熊谷工 
・備考  数少ないワフ50の現存例として貴重な存在だが状態は良くない。特に屋根の
     劣化は著しく抜け落ちるのも時間の問題だろう。種車のスム4000時代の表記
     がハッキリ残っているのが印象的である。

秩父ワフ59
IMG_1693_1


↑このページのトップヘ