輝かしき鉄道の記録

爽やかな青空の下、石を満載した列車が工場へと向かう。いつもの場所、いつもの時間、代り映えしないしインスタ映えもしない光景。でも、それが最高にいい。

輝かしき鉄道の記録 イメージ画像

バッテリー機関車

 三重県は熊野市の紀州鉱山では、随所随所に軌道が張り巡らされており多くの架空線式電機機関車や蓄電池機関車といったマイニングロコが活躍していました。現在でも軌道の一部が保存され、蓄電池機関車牽引の人車に乗ることができる人気スポットとなっています。今回はそん
『紀州鉱山の保存車(機関車編)』の画像

 少し時間が空いてしまいましたが続いても明延鉱山の保存車を紹介します。今回紹介するのは坑内や作業場の500mm軌道で活躍したバッテリーロコたちです。①No242 1955(昭和30)~1975(昭和50)年日本輸送機製2トン機 軌間500mm全国の鉱山で見られる日輸の王道バテロコ。
『明延鉱山の保存車(BL編)』の画像

かつて常盤炭鉱で栄えた町、いわき市常磐湯本にある「いわき市石炭・化石館」では2両の抗内用機関車が保存されています。今回はそんな2両を紹介します。①バッテリー機関車(無番) 1962(昭和37)年日立製作所製4.5トン機(製番580222)運用場所などの詳細は不明だが、炭鉱
『常盤炭鉱の保存車(機関車編)』の画像

2015年3月で閉山されたJFEミネラル武蔵野鉱業所武蔵白岩鉱山、そこでは最後まで鉱山鉄道が運行しており、日本の鉱山鉄道最後の楽園として多くのファンを魅了していました。私はついに現役の姿を見ることが出来ませんでしたが、今回は那珂川整流鉄道保存会で保存された3両のバ
『JFEミネラル武蔵野鉱業所の保存車(機関車編)』の画像

1989(平成元)年に閉山した佐渡金山は、現在「史跡 佐渡金山」として営業し一般に公開されています。今回はそこで保存展示されているバテロコ達を紹介します。①バテロコNo1 1969(昭和44)年日本輸送機製4トン機(製番3843001)坑内から砕石場への鉱石運搬に使用されてい
『佐渡金山の保存車(機関車編)』の画像

秋田県の有名な尾去沢鉱山跡地で営業するテーマーパーク「史跡 尾去沢鉱山」では、坑内軌道で活躍したバッテリー機関車とトロリー電車、そして多数の鉱車やロッカーショベルが保存されています。今回はその中からバッテリー機関車とトロリー電車を紹介します。①No.47 日本
『尾去沢鉱山の保存車(機関車編)』の画像

↑このページのトップヘ