輝かしき鉄道の記録

爽やかな青空の下、石を満載した列車が工場へと向かう。いつもの場所、いつもの時間、代り映えしないしインスタ映えもしない光景。でも、それが最高にいい。

タグ:テキ100

 続いてはテキ100形のテキ117を紹介します。

車両のデータ

・製造年 1959(昭和34)年
・廃車年 1984(昭和59)年
・製造所 日本車両(東京)

・所有社 秩父鉄道株式会社
・検査  不明 熊谷工
・備考  我が国最初の側面総開き式貨車であるテキ100。30両が製造されワキ800同様に
     現在も数多くが現存している。しかしながらやはり公式の保存車はこの117のみ
     である。他の貨車に比べ低い全高、妻面の通風口など特徴の多い貨車であった。
     以下案内板より抜粋「この車両はワキ車と同様に昭和34年6月から昭和59年10月
     まで下板橋(東武東上線)業平橋(東武伊勢崎線)南高崎(上信電鉄)行きを
     始め、東海地方等の袋詰セメント輸送に使用されましたが、バラ積のホキ車及び
     トラック輸送の転換に伴い、昭和59年10月廃車されました。」 

・撮影日 R1 5/5 秩父鉄道車両公園にて。
IMG_5569
IMG_5478
IMG_5575
IMG_5583


今回は埼玉県某所にて倉庫として利用されている秩父鉄道テキ100形のテキ108を紹介します。

車両のデータ 

・製造年 1959(昭和34)年
・所有社 秩父鉄道株式会社
・検査  不明        
・状態  錆止め塗装だったようだがほとんど剥がれている。車番は薄らと残る。
・撮影日 H25 11/23 埼玉県某所にて。秩父テキ110

今回は広瀬川原車両基地に留置されている秩父鉄道テキ100形のテキ109を紹介します。

車両のデータ 

・製造年 1959年(昭和34年)
・所有社 秩父鉄道株式会社
・検査  不明        
・状態  表記は錆びて読み取り困難、台枠の車番のみ確認可能 
・撮影日 H27 5/16 わくわく鉄道フェスタ2015にて。秩父テキ109

今回は埼玉県某所にて倉庫として利用されている秩父鉄道テキ100形のテキ108を紹介します。

車両のデータ 

・製造年 1959年(昭和34年)
・所有社 秩父鉄道株式会社
・検査  不明        
・状態  錆止め塗装だったようだがほとんど剥がれている。車番は薄らと残る。
・撮影日 H25 11/23 埼玉県某所にて。秩父テキ108

今回は広瀬川原車両基地に留置されている秩父鉄道テキ100形のテキ106を紹介します。

車両のデータ 

・製造年 1959年(昭和34年)
・所有社 秩父鉄道株式会社
・検査  不明        
・状態  表記は錆びて読み取り困難、台枠の車番のみ確認可能 
・撮影日 H27 5/16 わくわく鉄道フェスタ2015にて。秩父テキ106

今回も前回と同じく埼玉県の寄居運動公園にて倉庫として利用されている秩父鉄道テキ100形のテキ102を紹介します。

車両のデータ
  
・製造年 1959年(昭和34年)
・所有社 秩父鉄道株式会社
・検査  S56 7~S60 7 熊谷工        
・状態  緑塗装の上錆が酷いが表記は読み取れる。片面に窓が設置されている。
・撮影日 H25 11/16 寄居運動公園にて。
秩父テキ102


 今回は埼玉県の寄居運動公園にて倉庫として利用されている秩父鉄道テキ100形のテキ101を紹介します。

車両のデータ 
・製造年 1959年(昭和34年)
・所有社 秩父鉄道株式会社
・検査  S56 7~S60 7  熊谷工        
・状態  緑塗装の上錆が酷いが表記は読み取れる。片面に窓が設置されている。
・撮影日 H25 11/16 寄居運動公園にて。
秩父テキ101

↑このページのトップヘ