輝かしき鉄道の記録

爽やかな青空の下、石を満載した列車が工場へと向かう。いつもの場所、いつもの時間、代り映えしないしインスタ映えもしない光景。でも、それが最高にいい。

タグ:スム4000

 続いてはスム4000形のスム4023を紹介します。

 車両のデータ

・製造年 1959(昭和34)年
・廃車年 1983(昭和58)年
・製造所 日本車両(東京)

・所有社 秩父鉄道株式会社
・検査  S54 9~S58 9 熊谷工
・備考  現在でも救援車として在籍車があるスム4000。最盛期には50両が在籍したが
     案内板には誤植なのか571両保有していたと記されている。ワフ50への改造や
     改番されたものもあり非常に興味深い形式である。ワキやテキが袋詰セメント
     に特化していたのに対しこちらは一般貨物なども運び汎用的に使用されていた。
     在籍の2両を除けばこれも唯一の公式保存車ということになる。ここの貨車の
     中では最も保存状態が悪く屋根の一部は抜け落ちてしまっている。これでは
     解体もやむを得ないだろう。
     以下案内板より抜粋「この車両は、昭和40年9月から袋詰セメントをはじめ
     生活物資の輸送に使用されましたが、セメントのバラ積輸送とトラック輸送の
     普及に伴いセメント輸送から姿を消しました。昭和42年頃は571両も保有して
     いました。」

・撮影日 R1 5/5 秩父鉄道車両公園にて。
IMG_5485
IMG_5558
IMG_5550
IMG_5564



今回は埼玉県某所にて倉庫利用されている秩父鉄道スム4000形のスム4029を紹介します。

車両のデータ

・製造年 1963年(昭和38年)
・所有社 秩父鉄道株式会社
・検査  S58 6~S62 6 熊谷工       
・状態  錆は目立つが表記等は読み取れる。
・撮影日 H25 11/23 埼玉県某所にて。
秩父スム4029


今回は埼玉県某所にて倉庫利用(看板?)されている秩父鉄道スム4000形のスム4026を紹介します。

車両のデータ

・製造年 1963年(昭和38年)
・所有社 秩父鉄道株式会社
・検査  不明       
・状態  青に塗装。台枠のみ表記が残る。状態良好。
・撮影日 H27 4/5 埼玉県某所にて。
秩父スム4026
 

今回は広瀬川車両基地にて倉庫利用されている秩父鉄道スム4000形のスム4016を紹介します。

車両のデータ

・製造年 1963年(昭和38年)
・所有社 秩父鉄道株式会社
・検査  不明        
・状態  白く塗装されており車番は台枠のみ残存。
・撮影日 H27 5/16 広瀬川車両基地(わくわくフェスタ)にて。 
秩父スム4021


今回は埼玉県某所にて倉庫として利用されている秩父鉄道スム4000形のスム4017を紹介します。こちらの車両は比較的有名ですね。

車両のデータ 

・製造年 1963年(昭和38年)
・所有社 秩父鉄道株式会社
・検査  不明        
・状態  緑色に塗装されているが車番読み取り可能 
・撮影日 H25 11/23 埼玉県某所にて。※公道より撮影秩父スム4017

今回は埼玉県の寄居運動公園にて倉庫利用されている秩父鉄道スム4000形のスム4016を紹介します。

車両のデータ

・製造年 1963年(昭和38年)
・所有社 秩父鉄道株式会社
・検査  不明        
・状態  緑に塗装されており表記は車番のみ読み取れる。
・撮影日 H25 11/16 寄居運動公園にて。 
秩父スム4016

↑このページのトップヘ