輝かしき鉄道の記録

夢のような光景。木曽谷に林鉄は健在である。

タグ:グランビー鉱車

一円電車として脚光を浴びる客車列車の影で黙々と仕事をこなしてきた貨車たち。現在もそのごく一部が保存されています。今回はそんな貨車たちを紹介します。

①5トングランビー鉱車 1970(昭和45)~1975(昭和50)年三菱重工製 軌間762mm
大型のグランビー鉱車でこれらの導入により鉱石輸送量が大きく向上した。30両編成で明延~神子畑間を運用していたという。明延鉱山真の主役と言っても過言ではないであろう。現在、明延鉱山学習館に3両、神子畑選鉱場跡に1両が保存されている。
・No33 明延鉱山学習館の駐車場脇に放置。ダルマ状態で下回りは脇を流れる川に落ちている。
明延GK33
・No35 明延鉱山学習館にて保存。
明延GK35
・No36 神子畑選鉱場跡にて保存。
IMG_7025
・番号不明 明延鉱山学習館にて保存。番号の表記なし。
明延GK無番
②3トングランビー鉱車 軌間500mm 
神子畑選鉱場のシックナー下に置かれていた3トン?グランビー鉱車。神子畑の500mm軌道で使用されていたと思われるが詳細は不明。
明延GK369
③1トン鉱車 軌間500mm
全国で見られる標準的な1トン鉱車。立坑のエレベータに乗せることができる。明延では2両を確認したが非公開区画にはもっといるんじゃないかと思う。
・無番車01 神子畑のシックナー下に置かれている。よく見れば後ろに違うタイプの1トン鉱車がいる。
明延鉱車01
・無番車02 あけのべ自然学校にて保存。
明延鉱車02
④ボーリング用無蓋車
ボーリング用の表記がある貨車。下回りは1トン鉱車と共通。あけのべ自然学校にて保存。
明延ボーリングトロ
⑤書類運搬車 1955(昭和30)年明延鉱山工作課神子畑機械工場製1トン車 軌間762mm
書類や小物類の運搬に使用された有蓋貨車。客車と同じ塗装が施されている。現在、史跡生野銀山にて保存されている。
IMG_6837
IMG_6844

前回は武蔵野鉱業所のバテロコを紹介しましたが、那珂川整流鉄道保存会ではここで活躍したグランビー鉱車を全車(稼働可能なもののみ)引きとっています。今回はそんなグランビー鉱車たちを紹介します。鉱車は全部で9両あり、車体番号は「051、081」「102」「108」「203」「501~504」で、「」で区切られたもの別に形態が微妙に異なっています。

①No081 
最若番のNo051と同形で現在この一両のみ保存会で展示されている。
武蔵野081
②No102
他より少しコッテリしている印象を受ける。隣の081と比べると違いがよくわかる。
武蔵野102
③No108
他との最大の違いは台枠の形状。
武蔵野108
④No203 
唯一の200番台。
武蔵野203
⑤No503
こちらは1993(平成5)年12月大館製作所製。501~504が同形でトモエのバテロコと同時期にやって来たものと思われる。
武蔵野503
⑥おまけ
1968(昭和43)年若松車両製のグランビー鉱車、上回りは一部の残骸を残すのみとなっている。
武蔵野02

以上。武蔵野鉱業所のグランビー鉱車たちを紹介しました。
製造所、製造年等確認できていない車両も多いので、今後調査していきたいと思います。

佐渡金山には、前回紹介したバテロコの他に鉱車、人車、バケットローダーといった多種多様な車両達が保存されています。今回はそんな彼らを紹介します。

①グランビー鉱車No501
主要坑道で使用された鉱車で1.6トンの鉱石を積むことが出来る。4トンバテロコが20両のグランビー鉱車を牽引して走り回っていたとのこと。現在この501を含め7両が保存されている。(番号はNo102、501、1014、1018、1715、1804、J2)
佐渡グラ0501
②グランビー鉱車J2
唯一他と形態の異なる1両。番号も他と形式が異なっている。詳細は不明である。
佐渡グラJ2
③1トン鉱車仮01
立坑を経由しての鉱石やズリの運搬にこの1トン鉱車が使用されたそう。手押し用の取手が設置されている。
佐渡鉱車01
④1トン鉱車仮02
仮01と異なり角ばったスタイルの1トン鉱車。
佐渡鉱車02
⑤人車仮01
2両いる人車のうちの1両。2両は微妙に形が異なっている。
佐渡人車01
⑥人車仮02
もう1両の人車。屋根の高さと丸みが仮01と異なる。
佐渡人車02
⑦修理用台車
坑内で使用する機械は機械工場に持ち込まず坑内で修理が行われていたため、その際に修理道具を運んだのがこの台車だった。
佐渡トロ03
⑧平トロ
坑木を積んだ平トロ。同様のものが3両展示されている。
佐渡トロ02
⑨バケットローダー仮1
お馴染みのTAIKU(太空機械)製600B型バケットローダー。こちらはローダーでは珍しく銘板が確認できる。(製番29540)
佐渡BR01
⑩バケットローダー仮2
もう1両の600B型。バケットを上に固定すると立坑エレベーターに搭載可能な設計になっているそうだ。
佐渡BR02
⑪1トン鉱車仮03
場所は変わって大間港に展示?放置?されている1トン鉱車。上記の1トン鉱車仮01と同形と思われるが腐食が激しく原型を留めていない。
佐渡鉱車03

以上で佐渡金山の保存車紹介を終わります。
鉄道とは縁のない島だと思っていた佐渡ですが、そこはトロッコの楽園でした。

時間が空いてしまい申し訳ありません。今回は尾去沢鉱山の鉱車とローダーを紹介します。尾去沢鉱山では確認できただけで現在31両のグランビー鉱車と立坑用?の1トン鉱車10両、バケットローダー3両が保存されています。鉱車は数が多いのでそのうちの数量を紹介します。

・鉱車番号リスト
  グランビー鉱車-No1,8,13,15,16,19、23,23(No23重複),25,31、52,55,75,89、92,93,105,112,124,520,833,846,1016,1093,1095,1118,1237,1250,1325,1387,1389
  1トン鉱車-No3,11,14,21,25,35,41,75,233,568

①グランビー鉱車No1 
野外に展示されているトップナンバー車、この他野外には13両のグランビー鉱車が展示されている。
尾去沢GK0001
②グランビー鉱車No112
No1と同型でこちらは開く側の姿。
尾去沢GK112
④グランビー鉱車No16
坑道内に展示されている1両、坑道内には16両のグランビー鉱車が展示されている。
尾去沢GK0016
⑤グランビー鉱車No1016
荷下ろしシーン再現した展示。グランビー鉱車の仕組みが良くわかる。
尾去沢GK1016
⑥1トン鉱車No25
グランビー鉱車に比べて小柄な1トン鉱車。立坑のエレベーターに乗ることが出来る。こちらは坑道内に10両が展示されている。
尾去沢K0025
⑦1トン鉱車No568
立坑エレベーターに乗った状態で展示されている1両。このNo568のみ他と違う角ばったスタイルをしている。
尾去沢K0568
⑧バケットローダー仮1
野外で展示されている1両。TAIKU(太空機械)製600B型バケットローダー。全国各地の鉱山で見ることができるバケットローダーの王様。
尾去沢600B01
⑨バケットローダー仮2
積み込みシーンを再現した展示。型式の表記がある。
尾去沢600B02
⑩バケットローダー仮3
どのように操作していたかを再現した展示。
尾去沢600B03

以上で尾去沢鉱山の保存車の紹介を終わります。いかがでしたでしょうか。ここには本当に多くの興味深い展示がありますので皆さんも是非訪れてみてください。

↑このページのトップヘ