輝かしき鉄道の記録

爽やかな青空の下、石を満載した列車が工場へと向かう。いつもの場所、いつもの時間、代り映えしないしインスタ映えもしない光景。でも、それが最高にいい。

カテゴリ: ホキ10000

今回紹介するのはホキ10000形石炭専用車のホキ10009です。

撮影日時点でのデータ

・製造年 1980(昭和55)年
・廃車年 2020(令和2)年

・製造所 日本車両
・所有社 太平洋セメント株式会社
・常備駅 武州原谷駅

・検査  H28 12/21~H32 12/21 
・備考  最後まで稼働していた車の中では最若番である。三ヶ尻には10000、
     10003、10007、10009の番号一桁車が残ったがこの10009を除く3両
     は早々に運用離脱していた。運用廃止後の3/28.29で予定されていた
     熊谷(タ)での撮影会用展示車として2/27に熊谷へ回送、結局撮影会
     は中止となり4/3に三ヶ尻へと返却された。

・撮影日 R2 1/15 熊谷(タ)駅にて。
ホキ10009

今回紹介するのはホキ10000形石炭専用車のホキ10007です。

撮影日時点でのデータ

・製造年 1980(昭和55)年
・廃車年 2020(令和2)年

・製造所 日本車両
・所有社 太平洋セメント株式会社
・常備駅 武州原谷駅

・検査  H25 11/22~H29 11/22 
・備考  三ヶ尻残留組の中では三番目に若い番号であった。この車も2017年
     に検査切れになった後は稼働していなかった様だ。写真は解体待ち
     の姿であるが表記類に黄文字で「ノコシ」と書かれているのが気に
     なる。切り取って保存するのだろうか。    

・撮影日 R2 3/18 三ヶ尻駅にて。
ホキ10007

今回紹介するのはホキ10000形石炭専用車のホキ10000です。

撮影日時点でのデータ

・製造年 1980(昭和55)年
・廃車年 2020(令和2)年

・製造所 日本車両
・所有社 太平洋セメント株式会社
・常備駅 武州原谷駅

・検査  H19 7/11~H23 7/11  
・備考  272両が製造された本形式の記念すべき第一号。このホキ10000から
     ホキ10154の155両が日本車両で製造されたグループである。
     2020年2月26日の運用を最後に扇町~三ヶ尻間の石炭輸送は終了し、
     本形式も消滅する運命にある。この車は9年前に検査切れになった
     ままずっと三ヶ尻駅構内の奥で寝ていたようで、解体作業に伴う入換
     で外から見える場所まで出てきていた。

・撮影日 R2 3/12 三ヶ尻駅にて。
ホキ10000

↑このページのトップヘ