輝かしき鉄道の記録

爽やかな青空の下、石を満載した列車が工場へと向かう。いつもの場所、いつもの時間、代り映えしないしインスタ映えもしない光景。でも、それが最高にいい。

カテゴリ: 森林鉄道客車貨車

今回は、王滝森林鉄道で活躍したカブース(制動車)を紹介します。カブースは見張り員を乗せて運材列車の最後尾に連結され、所謂車掌車のような役割を果たしていました。そんな木曽ならではのカブースですが、現在は在籍した8両中5両が現存しています。

①制3
中部森林管理局前にて加藤製No47、C客とともに保存されている1両。元々カブースは木製の台車であったがこの車はタンク車の鉄製台車に履き替えられている。デッキも妙にしっかりした物が付いているが現役時代に改造されたのか保存に際し改造されたのかは不明である。カブースの保存車で表記が復元されているのは同車が唯一。H28 3/7
木曽カブ03
②制4
酒井C4No140、大型B客という豪華な顔ぶれとともに石川県立森林公園で保存されている制4。この車もまた台車を鉄製運材台車のものに履き替えられている。こちらは現役時代も鉄製台車を履くカブースとして異彩を放っていたようで、当時の写真も残っている。現在かなり荒廃が進んでおり修復しなければ今にも崩れ落ちてしまいそうだ。H26 8/14
木曽カブ04
③制5
赤沢自然休養林の森林鉄道記念館横で屋外展示されている1両。木造台車を履いた標準スタイルである。他の車両もそうだが現役時代は鮮やかな赤色に塗装されていた。H26 5/3
木曽カブ05
④制6
大桑村にてモーターカーとともに保存されていた制6。雨ざらしではあったもののお色直しが行われるなど大切に保存されていた。2013年、那珂川清流鉄道保存会によって引き取られ、新たな地で見事動態復活。酒井C4との夢の共演。となると思われたがあっけなく解体されてしまった。引退後40年以上も生き抜いてきた貴重な車両が保存すべき保存会の手によって解体される。こんなことがあっていいのだろうか…
こんなことになるなら故郷木曽で朽ち果てたほうが断然良かったのではないかと思えてならない。H19 5/3
木曽カブ06
⑤制7
こちらは確証は無いが手すりの形状などから絞り込んで制7だと思われる。旧坂下森林鉄道の下柳橋にて協三製No139、運材台車とともに保存されている。元々付近の夕森公園で保存されていたが平成5年に現在の橋上に移設された模様。H26 5/3
木曽カブX01

以上5両のうち解体された制6を除く4両と、個人が保有する1両(制2か制8?)の計5両のカブース現存しているようです。上記4両は屋外展示で今後が心配ですが末永く残っていてほしいですね。

今回は、各地に保存されている長野営林局のB形客車を紹介します。保存されているB形客車は主に木曽の王滝森林鉄道で活躍していたもので、上松運輸営林署と王滝営林署所属のものが存在しています。また、飯田営林署の遠山森林鉄道にも木曽と同型の物があり、保存されています。まとめてB形客車と呼ばれてはいますが、それぞれに個性があり興味深い車両達です。

まずは王滝営林署(助六)のNo4です。千葉県の習志野森林公園にて酒井5トン92号機、運材台車と共に保存されています。状態は比較的良好で、助六の表記も復元されていますが、オリジナルの塗装ではありません。横羽目板張りで、岩崎レール製台車を装備しています。H26 5/17 習志野森林公園にて。
木曽B客王助04
続いて王滝営林署(助六)のNo5。こちらは中央西線奈良井駅近くの駐車場脇に、酒井5トン号95号機、運材台車と共に保存されています。以前は線路脇にシートを被って放置状態でしたが、最近になって移設されたようです。所々傷みが目立ちますが、塗装も表記も原型を保っているものと思われます。横羽目板張りで台車は岩崎レール製を装備。H26 5/3 奈良井駅付近にて。
木曽B客王助05
引き続き王滝営林署のNo7(五味沢?助六?)です。この車両は岐阜県の巌立峡ひめしゃがの湯にて酒井4トン33号機、運材台車と共に保存されています。ここに来る前は栃木県で保存されていましたが、2009年頃移設されました。塗装はオリジナルではなく、こはん号という愛称が付けられています。横羽目板張りで岩崎レール製台車装備です。
H27 9/19 巌立峡ひめしゃがの湯にて。
木曽B客王助07
続いて王滝営林署の(本谷)のNo11です。この車両は赤沢自然休養林の森林鉄道記念館前にて休憩所として利用されています。ダルマのB型客車唯一の生き残り?こちらは縦羽目板張りで岩崎レール製台車を装備していました。H26 5/3 赤沢自然休養林にて。
木曽B客王本谷11
続いては王滝営林署(氷ヶ瀬)のNo12です。こちらは松原スポーツ公園にて動態保存されており、イベント時には走行する姿を見ることができます。以前は滝越の水交園にて保存されていましたが、2009年に松原にやってきたそうです。これも縦羽目板張りで岩崎レール製台車装備です。
H25 10/6 松原スポーツ公園にて。
木曽B客王氷ヶ瀬12
引き続き王滝営林署のNo15(助六)です。この車両は上松駅前の上松電子(株)にて酒井4.5トン76号機、運材台車と共に保存されています。2014年に愛知県の保育園から里帰りしました。表記などは一切復元されていませんが、縦羽目板張りで台枠が隠れているという特徴から王営No15ということが分かります。台車は岩崎レール製。H27 9/21 上松電子にて。
木曽B客王助15
続いて上松運輸営林署のNo7です。こちらは那珂川清流鉄道保存会にて保存(おそらく動態)されています。以前は長野県のおやき村で酒井10トンC4型133号機、運材台車機と共に保存されていましたが、2013年頃に移転してきました。上松運輸営林署でこのタイプのB型客車は少数派だったようです。縦目板張りで岩崎レール製台車装備。尚、保存会の公式HPでは王滝営林署No7と説明されていますが、これは誤りです。王営No7は前述したように横羽目板張り。H25 6/16 那珂川清流鉄道保存会にて。木曽B客上運07
続いては飯田営林署のNo4です。この車両は遠山森林鉄道で使用されたもので、現在はしらびそ高原にて酒井5トン79号機、運材台車と共に保存されています。表記等は一切ありませんが、資料、浮き出た原型の青+オレンジの塗装などからNo4である可能性は高いと思われます。横羽目板張りで、日本農林機械製の台車を装備しています。H27 9/6 しらびそ高原にて。
遠山B客04
最後は遠山森林鉄道の復元B型客車です。この車両は木製運材台車と飯田営林署のNo5?6?の屋根を再利用して復元されたそうです。台車が木製であるためかオリジナルより少しずんぐりじた印象を受けます。酒井5トン96号機を動態保存している梨元ていしゃばに保存されていますが、客車も動態であるかは不明です。H27 9/6
tooyama
これらの保存車両の他にも、ダルマのB型客車なども少なからず存在したようですが、ほぼ全て撤去され既に現存しないものと思われます。

今回紹介するのは長野営林局の大型B型客車です。保存されている4両を紹介します。

まずは上松運輸営林署No3です。この車両の特徴は職員室(連絡員室)が設けられているところで、車内に仕切りが設けられています。台車は日本農林機械製の物を装備。現在、伊豆の天城ゆうゆうの森に保存されていますが、少々放置気味で今後が心配されます。H27 8/21 伊豆の天城ゆうゆうの森にて。木曽B大客03
続いて上松運輸営林署No15です。この車両は群馬の根利林業機械化センターにて保存されています。こちらの台車は日本特殊機材製。2005年の初訪問時はかなり荒廃した状態でしたが、修復されて現在は見違える程綺麗な姿になっています。写真は修復中の姿。H26 10/20 根利林業機械化センターにて。
木曽B大客15
続いて上松運輸営林署の番号不明車です。こちらは石川県立森林公園で保存されています。台車は日本農林機械製。この車両の番号をご存知の方がいらっしゃいましたら是非教えてください。
H26 8/14 石川県立森林公園にて。
木曽B大客X01
続いても上松運輸営林署の番号不明車です。こちらは愛知の定光寺自然休養林響きの森にて保存されています。現在は日本農林機械製の台車のみ保存されていますが、ここに来る前、岐阜県のドライブインに保存されていた時代には車体も存在していたようです。H27 9/6 定光寺自然休養林響きの森にて。木曽B客上運X02
これらの他に王滝村の松原スポーツ公園にて王滝営林署のNo13が台車のみ保存されています。また、長野県内に上松運輸営林署No4と番号不明車(日本農林機械製台車装備)の2両も保存されていましたが既に撤去され現存しません。

↑このページのトップヘ