輝かしき鉄道の記録

爽やかな青空の下、石を満載した列車が工場へと向かう。いつもの場所、いつもの時間、代り映えしないしインスタ映えもしない光景。でも、それが最高にいい。

輝かしき鉄道の記録 イメージ画像

森林鉄道機関車

今回は、長野営林局No.7を紹介します。車両のデータ・車番  No.7(旧番10)・局形式 GB4・製造年 1926(大正15)年・製造所 ホイットコム・ロコモティブ・ワークス・製番  12234・自重  4.0トン・所有者 長野営林局(保存=林野庁森林技術総合研修所)     ・
『長野営林局 No.7』の画像

今回は、長野営林局No.47を紹介します。車両のデータ・車番  No.47(旧番56)・局形式 GB4→DB4・製造年 1940(昭和15)年・製造所 加藤製作所・製番  不明・自重  4.1トン・所有者 長野営林局(現中部森林管理局)     ・経歴  [納入1915年]帝室林野局木
『長野営林局 No.47』の画像

今回は、赤沢自然休養林にて保存されている長野営林局王滝営林署No.131を紹介します。車両のデータ・車番  No.131・製造年 1960(昭和35)年・製造所 酒井工作所・製番  6328・自重  5トン・所有者 上松町(林鉄現役最後は王滝営林署)    ・経歴  [納入1960
『長野営林局王滝営林署No.131』の画像

今回は、木曽は開田高原のライオン王国にて保存されていた長野営林局上松運輸営林署No.130を紹介します。車両のデータ・車番  No.130・製造年 1960(昭和35)年・製造所 酒井工作所・製番  6327・自重  10トン・所有者 開田高原ライオン王国(現役最後は上松運輸営
『長野営林局上松運輸営林署No.130』の画像

今回は、伊豆の天城ゆうゆうの森にて保存されている長野営林局上松運輸営林署No128を紹介します。車両のデータ・車番  No.128・製造年 1960(昭和35)年・製造所 酒井工作所・製番  6319・自重  10トン・所有者 現所有者不明(林鉄現役最後は上松運輸営林署)   
『長野営林局上松運輸営林署No128』の画像

今回は、寝覚の床(遊歩道)にて保存されている長野営林局上松運輸営林署のNo.120を紹介します。車両のデータ・車番  No.120・製造年 1957(昭和32)年・製造所 酒井工作所・製番  6277・自重  5トン・所有者 上松町・赤沢森林鉄道記念館(現役最後は上松運輸営林署
『長野営林局上松運輸営林署No.120』の画像

今回は、愛知県の定光寺自然休養林にて保存されている長野営林局上松運輸営林署No127を紹介します。この機関車は1956(昭和31)年協三工業製の10トン機(製番10188)で、木曽には1960(昭和35)年に北海道の北見営林局から転属してきました。晩年はみやま号等の客車列車の牽
『長野営林局上松運輸営林署No127』の画像

今回は、赤沢休養林森林鉄道記念館にて保存されている長野営林局上松運輸営林署No122を紹介します。この機関車は1958(昭和33)年酒井工作所製の10トン機(製番6294)で、木曽のキャブフォワードこと酒井C4型の記念すべき第一号機です。窓がハの字の点、ブレーキハンドルの向
『長野営林局上松運輸営林署No122』の画像

今回は、滝越の水交園にて保存されている長野営林局王滝営林署No119を紹介します。この機関車は1957(昭和32)年酒井工作所製の5トン機(製番6270)で、新製配置は野尻営林署でした。王滝営林署へは1964(昭和39)年に転属し廃車まで活躍しました。水交園では長らく静態保存
『長野営林局王滝営林署No119』の画像

今回は、上松電子㈱にて保存されている長野営林局上松運輸(王滝?)営林署No76を紹介します。この機関車は1948(昭和23)年酒井工作所製の5トン機で、52→74→76と改番されているややこしい車歴の持ち主です。また、資料では上松運輸営林署所属となっていますが、晩年の写真
『長野営林局上松運輸営林署No76』の画像

↑このページのトップヘ