今回は、長野営林局No.7を紹介します。

車両のデータ

・車番  No.7(旧番10)
・局形式 GB4

・製造年 1926(大正15)年
・製造所 ホイットコム・ロコモティブ・ワークス
・製番  12234
・自重  4.0トン
・所有者 長野営林局(保存=林野庁森林技術総合研修所)     
・経歴  [納入1926年]帝室林野局木曽支局(松本出張所)
     [改組1947年]長野営林局(松本営林署)前川森林鉄道
     [改造1951年]エンジン換装 ブダKTU→加藤製作所KA  
     [改番1953年]No.10→No.7
     [転属1959年]王滝営林署(氷ヶ瀬製品事業所)
     [廃車1963年]廃車→保存
     [移転1963年]前橋営林局沼田営林署(利根機械化技術指導所)
             現在林野庁森林技術総合研修所 
             林業機械化センター
     [納入1926年]帝室林野局木曽支局(松本出張所)
     [改組1947年]長野営林局(松本営林署)前川森林鉄道  
     [改番1953年]No.10→No.7

     [転属1961年]王滝営林署 この年には沼田へ搬入
     [廃車1963年]名目上この年に王滝営林署で廃車
     
[移転1963年]前橋営林局沼田営林署(利根機械化技術指導所)
        ↳名目上の移転日
 ※補足 「木曽谷の森林鉄道」によると黒文字のような経歴になっているが、
     「機関車表」では赤文字のように記録されている。真実はいかに..
     赤文字が正しいとすれば実質木曽では使用されていないことになる
     が備考では使用されたていで記述する。
   
・備考  長野局におけるホイットコム社製機関車は、1921年に初のガソリン
     機関車として阿寺に導入されたNo.1を皮切りとして1928年までの間
     に10両が導入されている。このNo.7は1926年に導入されたもの(旧
     番No.10として)で、それまでの7両が自重3.0トンだったのに対して
     同機は4.0トンに変更されている。これは前年、自重3.0トンでは牽引
     力不足であるという理由から導入したプリマウスFL-1型4.0トンの試
     用結果が良好であったということが背景にある。同機の初任地等に
     ついての詳細は不明だが、戦後から1959年までは松本営林署の前川
     森林鉄道で使用されていたようである。その後王滝営林署に転属して
     1962年頃まで氷ヶ瀬製品事業所にて使用の後、さらに1963年には
     前橋営林局沼田営林署機械課の利根機械化技術指導所に学習用機械と
     して転属し現在に至る。同所は何度か改称し、現在は林野庁森林技術
     総合研修所林業機械化センターとなっている。当初は屋内展示であっ
     たが現在は屋根付きの屋外展示である。劣化が進んでいたが2008年頃
     からボランティアの手により修復され見事動態復活を果たした。
                     参考 「木曽谷の森林鉄道」 他
IMG_5651
IMG_5619
07
08
IMG_5890
IMG_7968
IMG_5588
IMG_5806
IMG_5848
修復前
IMG_2671