続いてはヨ10形のヨ15を紹介します。
 
 車両のデータ

・製造年 1968(昭和43)年(ヲキ1形から改造)
・廃車年 1988(昭和63)年
・製造所 東横車輛(種車のヲキ1は1925(大正14)年汽車会社製)
・所有社 秩父鉄道株式会社
・検査  S56 2~S60 2 熊谷工
・備考  秩父鉄道車両公園の中では主役級の珍車ヨ10形ヨ15。ヨ10形は現在運用中
     のホッパ車ヲキ100形の前任である大正14年製のヲキ1形を種車に台車、台
     枠を流用して9両が誕生した緩急車である。緩急車としては他に例のないL型
     ボギーの個性的な形態をしており、更に松葉スポーク車輪、狭い台枠などの
     に大正まれのヲキ1形の面影を色濃く残している。これだけ魅力的で他に現存
     車のないこの車両が解体されてしまうのは残念としか言いようがない。
     以下案内板より抜粋「この車両は、大正14年6月から影森~秩父間の秩父
     セメント第一工場向けの原石輸送に大活躍したヲキ車を昭和43年10月に改造
     した車両です。緩急車で4輪あるものは全国でも珍しい車両です。
     昭和62年9月ワフ51号と同様に緩急車の廃止に伴い、昭和63年3月に廃車と
     なりました。」

・撮影日 R1 5/5 秩父鉄道車両公園にて。
IMG_5494
IMG_5537
IMG_5502
IMG_5525
IMG_5544