今回は、旧国鉄東北本線(現青い森鉄道)三戸駅にて活躍したスイッチャーを紹介します。
このスイッチャーは1968(昭和43)年協三製の10トン機(製番10581)で、三戸駅に発着する貨車の入換に使用されていたものと思われます。廃車後は長らく福島の協三工業で保管されていましたが、2010(平成22)年頃那珂川清流鉄道保存会によって引き取られ、現在動態保存されています。同機の特徴は自動連結器を装備せず代わりにピンリンク式の簡易的な連結器を装備しているという点です。国鉄貨車を牽引していたのであれば国鉄貨車に対応した連結器が必要ですがそれが無いというのは非常に興味深い謎です。同機の経歴に詳しい方がいらっしゃいましたら是非ご教示ください。他の保存車の多くが那珂川オリジナル塗装になっているのに対し協三工業から来た同機含む3両は協三塗装が再現されています。
H27 6/7 那珂川整流鉄道保存会にて。
協三福島 無番03
IMG_3205
IMG_3193
IMG_3200