今回は、赤沢休養林森林鉄道記念館にて保存されている長野営林局上松運輸営林署No122を紹介します。この機関車は1958(昭和33)年酒井工作所製の10トン機(製番6294)で、木曽のキャブフォワードこと酒井C4型の記念すべき第一号機です。窓がハの字の点、ブレーキハンドルの向きが枕木と平行な点などこれ以降の号機とは異なる試作的要素の強い特徴を持っています。新製配置から林鉄廃止まで約17年間に渡り本線牽引機として活躍、現在は赤沢で良好な状態で保存されています。。特徴的な湘南顔のスタイル、堂々とした勇姿は今も色あせることはありません。
H26 5/3 赤沢休養林森林鉄道記念館にて。
木曽No122
IMG_0619