引き続き、那珂川清流鉄道保存会にて保存されている関西電力の機関車を紹介します。この機関車は松岡産業製の10トン機で、製造年、製番などの詳細は不明です。前述の加藤7トンと共に関西電力ダム関連資材輸送で活躍しました。こちらも現役時代の記録が多く残っています。廃止後は個人に引き取られ保管された後、2013年の始め頃?那珂川清流鉄道保存会入りしました。前面に手すりが設置されていますが、これは保存会にて追加されたもので現役時代にはありませんでした。また、塗装は全面金太郎塗りの謎のツートンカラーになっています。手すりや塗装は酒井C4型をイメージしたのでしょうか?何れにせよ林鉄ファンとしては是非関西電力オリジナルの姿で保存して欲しかったので、残念でなりません。皆さんはどうお考えでしょうか。
H27 6/7 那珂川清流鉄道保存会にて。関電3
H25 6/16 那珂川清流鉄道保存会にて。
IMG_0691
H27 6/7 那珂川清流鉄道保存会にて。
88
H25 6/16 那珂川清流鉄道保存会にて。IMG_0705