輝かしき鉄道の記録

爽やかな青空の下、石を満載した列車が工場へと向かう。いつもの場所、いつもの時間、代り映えしないしインスタ映えもしない光景。でも、それが最高にいい。

2016年09月

続いても長野県某所にて店舗利用されているヨ5000形のヨ13824を紹介します。

車両のデータ 

・製造年  1951(昭和26)年 ※トキ900形から改造
・製造所  国鉄土崎工場
・検査   不明        
・状態   状態非常に良好。
・撮影日  H28 3/7 長野県某所にて。
ヨ13824


今回は長野県某所にて店舗利用されているヨ5000形のヨ13581を紹介します。

車両のデータ 

・製造年  1951(昭和26)年 ※トキ900形から改造
・製造所  国鉄多度津工場
・検査   S57 8~S60 8 吹田工        
・状態   状態非常に良好。
・撮影日  H28 3/7 長野県某所にて。
ヨ13581


今回紹介するのはホキ9500形のホキ9726です。

撮影日時点でのデータ

・製造年 1969年(昭和44年)
・所有社 矢橋工業株式会社
・常備駅 乙女坂駅
・検査  H21 2/25~H25 2/25
・撮影日 H23 8/8 東港駅にて。
ホキ9726


今回は、寝覚の床(遊歩道)にて保存されている長野営林局上松運輸営林署のNo.120を紹介します。

車両のデータ

・車番  No.120
・製造年 1957(昭和32)年
・製造所 酒井工作所
・製番  6277
・自重  5トン
・所有者 上松町・赤沢森林鉄道記念館(現役最後は上松運輸営林署)
・経歴  [納入1957年]上松運輸営林署
     [廃車1976年11月] 〃
     [保存1978年]赤沢森林鉄道記念館
     [移転保存1987年]寝覚ノ床遊歩道
・備考  従来、蒸気機関車がラッセル車を推進する形で行っていた除雪方法を
     転換すべく登場したロータリー式除雪用機関車である。除雪の際は
     パワー不足のため補機を連結して運用していたという。ロータリー 
     ヘッドは着脱式で夏季などはヘッドを外し代わりにバランスウェイト     
     を装着して除雪以外の用途にも使用されていた。晩年はブルドーザー  
     に変わられて除雪での活躍は少なかった様だ。王滝本線廃止後も残り
     レール等の撤去列車に使用された。1976年の廃車後、1978年に開設
     された赤沢の森林鉄道記念館にて一旦保存された後、1987年、保存
     運転用に寝覚ノ床からやって来たNo.86と入れ替わる形で寝覚ノ床に
     移設保存された。その際、ラッセルヘッドのみ赤沢に置き去りにされ
     たため寝覚ノ床では夏仕様の姿となっている。ヘッドは現在も記念館  
     の脇で保管されている。
H24~H28 寝覚ノ床遊歩道にて。

888
999
555
9285
1000
8888
IMG_7145
赤沢のロータリーヘッド H26 5/3 森林鉄道記念館にて。
333

今回は、王滝森林鉄道で活躍したカブース(制動車)を紹介します。カブースは見張り員を乗せて運材列車の最後尾に連結され、所謂車掌車のような役割を果たしていました。そんな木曽ならではのカブースですが、現在は在籍した8両中5両が現存しています。

①制3
中部森林管理局前にて加藤製No47、C客とともに保存されている1両。元々カブースは木製の台車であったがこの車はタンク車の鉄製台車に履き替えられている。デッキも妙にしっかりした物が付いているが現役時代に改造されたのか保存に際し改造されたのかは不明である。カブースの保存車で表記が復元されているのは同車が唯一。H28 3/7
木曽カブ03
②制4
酒井C4No140、大型B客という豪華な顔ぶれとともに石川県立森林公園で保存されている制4。この車もまた台車を鉄製運材台車のものに履き替えられている。こちらは現役時代も鉄製台車を履くカブースとして異彩を放っていたようで、当時の写真も残っている。現在かなり荒廃が進んでおり修復しなければ今にも崩れ落ちてしまいそうだ。H26 8/14
木曽カブ04
③制5
赤沢自然休養林の森林鉄道記念館横で屋外展示されている1両。木造台車を履いた標準スタイルである。他の車両もそうだが現役時代は鮮やかな赤色に塗装されていた。H26 5/3
木曽カブ05
④制6
大桑村にてモーターカーとともに保存されていた制6。雨ざらしではあったもののお色直しが行われるなど大切に保存されていた。2013年、那珂川清流鉄道保存会によって引き取られ、新たな地で見事動態復活。酒井C4との夢の共演。となると思われたがあっけなく解体されてしまった。引退後40年以上も生き抜いてきた貴重な車両が保存すべき保存会の手によって解体される。こんなことがあっていいのだろうか…
こんなことになるなら故郷木曽で朽ち果てたほうが断然良かったのではないかと思えてならない。H19 5/3
木曽カブ06
⑤制7
こちらは確証は無いが手すりの形状などから絞り込んで制7だと思われる。旧坂下森林鉄道の下柳橋にて協三製No139、運材台車とともに保存されている。元々付近の夕森公園で保存されていたが平成5年に現在の橋上に移設された模様。H26 5/3
木曽カブX01

以上5両のうち解体された制6を除く4両と、個人が保有する1両(制2か制8?)の計5両のカブース現存しているようです。上記4両は屋外展示で今後が心配ですが末永く残っていてほしいですね。

↑このページのトップヘ