輝かしき鉄道の記録

専用線の機関車たちは最後の勇姿を見せる。また一つ、輝かしき鉄道が過去のものとなった。

2016年05月

秋田県の有名な尾去沢鉱山跡地で営業するテーマーパーク「史跡 尾去沢鉱山」では、坑内軌道で活躍したバッテリー機関車とトロリー電車、そして多数の鉱車やロッカーショベルが保存されています。今回はその中からバッテリー機関車とトロリー電車を紹介します。

①No.47 日本輸送機製2トンバッテリー機関車
全国の鉱山で使用された日本輸送機の代表的バッテリー機関車。尾去沢にも多くが在籍した。
尾去沢BLNo47
②No.107 日本輸送機製2トンバッテリー機関車 
No.47と同型。かつては動態保存されていたという。
尾去沢BLNo107
③日本輸送機製2トンバッテリー機関車 
こちらも上記2両と同型。他と塗装が異なり番号表記もない。
尾去沢BL無番03
④1942(昭和17)年三菱電機製5トントロリー式電機機関車(製番234)
尾去沢では唯一残る三菱製機関車。体験坑道に続くレールの上に展示されている。
尾去沢BL無番02
⑤No.113 1951(昭和36)年?日本輸送機製4.5トントロリー式電機機関車 
坑道内に展示されているトロリー電車。平たい車体にゴツイトロリーポールが特徴的。銘板も案内板も無く詳細は不明。
尾去沢BLNo113
⑥No.115 1951(昭和36)年?日本輸送機製4.5トントロリー式電機機関車 
No.113と似ているが細部が異なる。こちらも詳細不明。
IMG_5291

1951(昭和36)年?日本輸送機製トロリー式電機機関車
駐車場前に展示されているトロリー電車。どちらかというとNo.115に近い形態である。日本輸送機オリジナルに近い姿を保っているとのこと。
尾去沢BL無番01

以上、確認できた6両の機関車を紹介しました。次回は鉱車、バケットローダーを紹介したいと思います。

今回紹介するのはトキ25000形トキ29264です。

撮影日時点でのデータ

・製造年 1970(昭和45)年
・製造所 日立製作所
・所有社 JR貨物
・常備駅    東港駅 
・検査   H19 1/19~H24 1/19
・撮影日 H23 8/8 東港駅にて。
トキ29264

今回は、愛知県某所にて倉庫利用されているポム1形陶器車のポム20を紹介します。

車両のデータ 

・製造年 1959(昭和34)年
・製造所 国鉄長野工場
・常備駅 大府駅
・検査  S56 11~S59 10 名古屋工 ※資料より       
・状態  状態良好。ポム1形として現存する唯一の固体か。
・撮影日 H28 3/8 愛知県某所にて。
ポム20


今回は、群馬県某所にて倉庫利用されているレム5000形のレム5678を紹介します。

車両のデータ 

・区分番台 1次型
・製造年  1965(昭和40)年
・検査   S56 12~S59 12 釧路車管          
・状態   初期車の現存車の中では最も状態良好ではないだろうか。
・撮影日  H28 4/10 群馬県某所にて。
レム5678


↑このページのトップヘ