輝かしき鉄道の記録

専用線の機関車たちは最後の勇姿を見せる。また一つ、輝かしき鉄道が過去のものとなった。

2016年03月

今回は那珂川清流鉄道保存会にて保存されているコキ9100形(41トン積海上コンテナ用貨車の試作車)のコキ9100を紹介します。

車両のデータ 

・製造年 1967(昭和42)年
・製造所 川崎車両
・常備駅 東高島駅
・所有社 日本国有鉄道
・検査  ? 6/10~? 大宮工         
・状態  比較的良好。
・撮影日 H25 6/16 那珂川清流鉄道保存会にて。
コキ9100




今回は那珂川清流鉄道保存会にて保存されているコサ900形(21トン積海上コンテナ用貨車の試作車)のコサ901を紹介します。

車両のデータ 

・製造年 1967(昭和42)年
・常備駅 東高島駅
・所有社 日本国有鉄道
・検査  S55 1~H58 1          
・状態  比較的良好。
・撮影日 H25 6/16 那珂川清流鉄道保存会にて。
コサ901

今回は三岐鉄道東藤原駅にて保存されているホキ5700形セメント専用車のホキ25767を紹介します。

車両のデータ 

・製造年 1970(昭和45)年
・廃車年 2003(平成15)年
・常備駅 東藤原駅
・所有社 小野田セメント株式会社
・検査  H26 12/7~H30 12/7 貨鉄博工         
・状態  非常に美しい姿。
・撮影日 H28 2/27 東藤原駅にて。
IMG_1417

今回紹介するのはホキ1000形フライアッシュ及び炭酸カルシウム専用車のホキ1000-901です。

撮影日時点でのデータ

・製造年 1990(平成2)年 ※試作車(製造時車番ホキ1000-1)
・製造所 日本車両
・所有社 太平洋セメント株式会社 
・常備駅 東藤原駅
・検査  H26 9/26~H31 9/26
・撮影日 H28 3/5 碧南市駅にて。
ホキ1000-901

今回紹介するのはホキ10000形石炭専用車のホキ10011です。

撮影日時点でのデータ

・製造年 1980(昭和55)年
・製造所 日本車両
・所有社 太平洋セメント株式会社 
・常備駅 武州原谷駅
・検査  H25 8/28~H28 8/28
・撮影日 H26 1/6 扇町駅にて。
ホキ10011

今回は、JR高山本線坂祝駅に隣接する太平洋セメント美濃サービスステーション専用線で活躍していたスイッチャーを紹介します。
このスイッチャーは1969(昭和46)年協三製の10トン機(製番10628)D804で、セメント貨車の入換に使用されました。2007年の専用線廃止後も長らく庫内に残されていましたが、2014年に那珂川整流鉄道保存会によって引き取られ、動態保存されました。保存会のブログに「以前引き上げた機関車のエンジンを頂いた。」とあるので恐らく、部品取りになっている06-28-01-757のエンジンを積んでいると思われます。
H27 6/7 那珂川清流鉄道保存会にて。
坂祝 D804
H27 11/1 那珂川清流鉄道保存会にて。
IMG_8750

今回紹介するのはタキ38000形のタキ38089です。

撮影日時点でのデータ

・製造年 1978(昭和53)年
・製造所 富士重工
・所有社 日本石油輸送株式会社 
・常備駅 郡山駅
・検査  H18 8/30~H24 10/28
・撮影日 H24 1/28 倉賀野貨物基地にて。
タキ38089

今回紹介するのはタキ43000形のタキ43256です。

撮影日時点でのデータ

・区分番台 43100番台
・所有社    日本石油輸送株式会社
・常備駅    浜五井駅
・検査       H25 4/18~H30 4/18 
・撮影日    H28 3/5 東港駅にて。
タキ43256B
日本オイルターミナル車(宇都宮タ常備)として活躍していた頃の姿。H23 4/29 倉賀野貨物基地にて。
タキ43256


続いて和気交通公園付近の廃線跡に保存されている片上鉄道ワム1800形ワム1805を紹介します。こちらは元国鉄ワム80000形ワム184036で、ワム1805と同じく1986年に入線、廃止後は2011年まで片上駅跡に保存されていました。

車両のデータ 

・製造年 1968(昭和43)年
・製造所 日本車両
・所有社 同和鉱業株式会社
・検査  S61 4~H65 4  
・撮影日 H27 7/24 和気交通公園付近にて。
片上ワム1805

↑このページのトップヘ