輝かしき鉄道の記録

専用線の機関車たちは最後の勇姿を見せる。また一つ、輝かしき鉄道が過去のものとなった。

2015年08月

今回は岡山県某所にてカフェ(既に閉店?)として利用されているヨ3500形のヨ3922を紹介します。

車両のデータ 

・製造年  1952(昭和27)年
・製造所  新潟鐵工
・検査   不明        
・状態   寝台特急北斗星をイメージした塗装になっており表記は一部のみ読み取れる。
・撮影日  H27 7/24 岡山県某所にて。ヨ3922

今回紹介するのは、秩父鉄道のデキ100形デキ107です。この機関車は1951(昭和26)年日立製の50トン機(製番5026)で、松尾鉱業鉄道のED501として誕生しました。その後1972(昭和47)年10月の松尾鉱業鉄道廃止に伴い同年12月には秩父鉄道に譲渡され、整備の上翌年の1月デキ107として竣工しました。その後長らく貨物列車の先頭に立ち続けましたが、ついに今年2015年現役を引退しました。5月に行われたわくわく鉄道フェスタでは兄弟のデキ108と共に展示され最後の花道を飾りました。ありがとうデキ107。
H25 11/10 三ヶ尻駅にて。
秩父デキ107
H27 5/16 わくわく鉄道フェスタにて。
107

今回は広瀬川原車両基地に留置されている秩父鉄道ワキ800形のワキ810を紹介します。

撮影日時点でのデータ

・製造年 1968年(昭和43年)
・所有社 秩父鉄道株式会社
・検査  S57 1~S61 1 熊谷工      
・状態  状態は比較的良好
・撮影日 H27 5/16 わくわく鉄道フェスタ2015にて。秩父ワキ810

今回紹介するのはタキ44000形のタキ44212です。

撮影日時点でのデータ

・区分番台 44100番台
・製造年  1973(昭和48)年
・所有社  日石油輸送株式会社
・常備駅    根岸駅
・検査       H18 6/2~H23 6/2
・撮影日    H23 8/8 東港駅にて。
タキ44212

今回紹介するのはタキ43000形のタキ43205です。

撮影日時点でのデータ

・区分番台 43100番台
・所有社    日本石油輸送株式会社
・常備駅    根岸駅
・検査       不明
・撮影日    H23 8/7 コスモ石油四日市製油所専用線にて。
タキ43205

今回紹介するのはタキ7450形農硝酸専用車のタキ7450です。

撮影日時点でのデータ

・製造年 1966(昭和41)年
・廃車年 2008(平成20)年
・製造所 富士重工
・所有社 日産化学工業株式会社 
・常備駅 速星駅
・検査  不明
・撮影日 H19 2/27 川崎貨物駅にて。
タキ7450

今回紹介するのはタキ38000形のタキ38078です。

撮影日時点でのデータ

・製造年 1978(昭和53)年
・製造所 富士重工
・所有社 日本石油輸送株式会社 
・常備駅 郡山駅
・検査  H21 6/5~H26 6/5
・撮影日 H24 12/26 川崎貨物駅にて。
タキ38078

今回紹介するのはタキ1900形のタキ81912です。

撮影日時点でのデータ

・製造年 1971(昭和46)年
・製造所 川崎重工
・所有社 太平洋セメント株式会社 
・常備駅 東藤原駅
・検査  H24 5/6~H27 1/4
・撮影日 H26 8/15 四日市港にて。
タキ81913

今回は、木曽町立三岳小学校にて保存されている長野営林局上松運輸営林署No98を紹介します。この機関車は1952(昭和27)年酒井工作所製の8トン機(製番5229)で、木曽では珍しい凸形の機関車です。同営林署内の路線で活躍後1975(昭和50)年に廃車となり、三岳小学校に保存されました。2006年に修繕作業が行われており、そのときの写真が一緒に保存されている客車の中に展示されています。
H24 5/5 にて。三岳小学校にて。
木曽No098

↑このページのトップヘ