輝かしき鉄道の記録

専用線の機関車たちは最後の勇姿を見せる。また一つ、輝かしき鉄道が過去のものとなった。

2015年03月


今回はワキ5000形ワキ5233を紹介します。この車両は、JR北海道函館運輸所に所属する事故救援車であり、ワキ5000形唯一の現役車です。
車両のデータ 
・製造年 1965(昭和40)年
・所属  JR北海道函館運輸所
・所有社 JR北海道
・検査  不明 ※H21年に苗穂工場にて全検
・撮影日 H26 9/24 函館運輸所にて。
ワキ5233 

今回は、スイッチャーの検査などを行う㈱三越で保管されているスイッチャーを紹介します。
このスイッチャーは1970(昭和45)年日立製の25トン機(製番13116)で、富山市の三越敷地内に保管されています。二塚の専用線での走行実績があり、検査時の代車の役割を担っているものと思われますが詳細は不明です。
H26 5/25 公道より撮影
三越

今回は埼玉県某所にて倉庫として利用されている西武テキ401形テキ404を紹介します。

車両のデータ 

・製造年 1969年(昭和44年)
・所有社 三菱鉱業セメント株式会社
・常備駅 東横瀬駅 (運用区間 東横瀬~狭山ヶ丘)
・検査  H2 7~? 7        
・状態  社紋は無いが状態良好。
・撮影日 H25 11/23 埼玉県某所にて。西武テキ404


今回は秩父太平洋セメント秩父工場(武州原田駅)にて倉庫として利用されているテキ200形テキ210を紹介します。
車両のデータ 
・製造年 1966年(昭和41年)
・所有社 秩父セメント株式会社
・常備駅 武州原谷駅
・検査  不明        
・状態  台車付きで他の数両とともに留置、社紋以外の表記残る。
・撮影日 H26 9/15 武州原谷駅にて。テキ216

今回紹介するのはタキ1200形タキ1200-11です。

撮影日時点でのデータ

・製造年 2011年(平成23年)
・製造所 日車
・所有車 東邦亜鉛株式会社 
・常備駅 宮下駅
・検査  H23 6/25~H28 6/25 
・撮影日 H25 5/8 高崎(操)にて。
タキ1200-11

今回紹介するのはタキ1200形タキ1200-10です。

撮影日時点でのデータ

・製造年 2011年(平成23年)
・製造所 日車
・所有車 東邦亜鉛株式会社 
・常備駅 宮下駅
・検査  H23 6/25~H28 6/25 
・撮影日 H24 6/23 大宮駅にて。
タキ1200-10

今回紹介するのはタキ15600形のタキ15611です。

撮影日時点でのデータ

・製造年 1969年(昭和44)年
・廃車年 2013年(平成25)年
・製造所 富士重工
・所有社 東邦亜鉛株式会社 
・常備駅 宮下駅
・検査  H20 11/10~H25 1/24
・撮影日 H24 9/17 倉賀野~高崎にて。
タキ15610

今回紹介するのはタキ15600形のタキ15609です。

撮影日時点でのデータ

・製造年 1969年(昭和44)年
・廃車年 2011年(平成23)年? 
・製造所 富士重工
・所有社 東邦亜鉛株式会社 
・常備駅 宮下駅
・検査  H19 7/7~H23 9/17
・撮影日 H23 6/12 倉賀野~高崎にて。
タキ15609

 今回紹介するのはホキ9500形のホキ9707です。

撮影日時点でのデータ

・製造年  1968年(昭和43年)
・台車    TR213形
・所有車  矢橋工業株式会社
・常備駅  乙女坂駅
・検査    H20 1/10~H24 2/7
・撮影日  H23 8/8 東港駅にて。
ホキ9707

 今回紹介するのはホキ9500形のホキ9706です。

撮影日時点でのデータ

・製造年  1968年(昭和43年)
・台車    TR213形
・所有車  矢橋工業株式会社
・常備駅  乙女坂駅
・検査    H23 5/12~H27 5/12
・撮影日  H25 7/31 美濃赤坂駅にて。ホキ9706

↑このページのトップヘ