輝かしき鉄道の記録

専用線の機関車たちは最後の勇姿を見せる。また一つ、輝かしき鉄道が過去のものとなった。

2015年01月

今回は、赤沢休養林森林鉄道記念館にて動態(現在は静態?)保存されている長野営林局上松運輸営林署No93を紹介します。この機関車は1951(昭和26)年酒井工作所製の5トン機(製番5166)で、同営林署管内の路線で活躍しました。1976(昭和51)年の廃車後、長野市の長野営林局庁舎前に保存され、その後現在保存されている赤沢休養林にやってきました。現在、保存線の列車牽引からは引退し、丸山渡停車場横の側線に留置されています。※H27年9月に確認したところシートが被せられていた。
H26 5/3 丸山渡停車場付近にて。
木曽No093IMG_0680


 今回紹介するのはコキ5500形のコキ27969です。

撮影日時点でのデータ

・所有車 JR貨物? 
・台車   TR63形
・検査   H8 10/3~H10 10/3
・撮影日 H25 5/3  神栖駅にて。 ※敷地外より撮影
コキ27969

今回紹介するのはタキ38000形のタキ38069です。

撮影日時点でのデータ

・製造年 1978年(昭和53年)
・製造所 富士重工
・所有社 日本石油輸送株式会社 
・常備駅 浜五井駅
・検査  H21 1/9~H26 1/9
・撮影日 H24 2/3 倉賀野貨物基地にて。
タキ38071


 今回紹介するのは函館運輸所にて控車として使用されているチ1000形のチ1015です。

撮影日時点でのデータ

・所有車   JR北海道 
・検査    H24 8/10~H28 8/10
・撮影日   H26 9/24 函館駅にて。
2566


今回紹介するのはチキ5200形のチキ5303です。

撮影日時点でのデータ

・所有社  JR東日本 
・常備駅  越中島貨物駅
・台車    TR223形
・検査    H23 11/22~H28 11/22
・撮影日  H25 5/10 越中島貨物駅にて。チキ5303

↑このページのトップヘ