輝かしき鉄道の記録

爽やかな青空の下、石を満載した列車が工場へと向かう。いつもの場所、いつもの時間、代り映えしないしインスタ映えもしない光景。でも、それが最高にいい。

2014年03月


 今回紹介するのはタキ44000形のタキ44023です。

撮影日時点でのデータ

・区分番台 基本番台
・製造年  1967年(昭和42年)
・台車    TR210形
・所有社  日本オイルターミナル株式会社
・常備駅  西上田駅
・検査    H21 5/27~H26 5/27
・撮影日  H23 3/9 倉賀野貨物駅にて。タキ44023

今回紹介するのはタキ38000形のタキ38068です。

撮影日時点でのデータ

・製造年 1978年(昭和53年)
・製造所 日車
・所有社 日本石油輸送株式会社 
・常備駅 浜五井駅
・検査  H22 1/25~H27 1/25
・撮影日 H26 1/6 安善駅にて。
タキ38068

引き続き北王子駅で活躍していたスイッチャーです。
このスイッチャーは日車製の25トン機で、車暦や製番ははっきりしていません。厚木からの転属説や石巻臨海運輸納入の1968(昭和43)年製IB251(製番2676)説などがあり大変興味深い車両です。IB251説が有力なようですが、同機が北王子に入線した直後の写真を見ると車体は茶色一色であるのに対し、IB251が五日町への転属後に撮影された写真(機関車表)を見ると国鉄色風の塗装となっています。もし同機がIB251であるならなぜ北王子入線時茶色になっていたのでしょうか?機関車表では車歴は石巻→横田基地→五日町となっていますが本当は石巻→五日町→横田基地なのでしょうか?(しかし機関車表に載っている横田基地時代のIB251も国鉄色風塗装だった)謎はつきません。同機は北王子入線後は北重25トンとともに主力機(予備機?)として今年3月の廃止まで活躍しました。
H26 3/10 北王子駅にて。※許可を得て撮影
北王子MB2
H26 4/3 北王子駅にて。
コピー (1) ~ 888

引き続き北王子駅で活躍していたスイッチャーです。
このスイッチャー1993(平成5)年北重製の25トン機で、2000年頃に漆山から移ってきました。入線後は主力機として活躍してきましたが2014年3月の北王子駅廃止により今後が心配されます。最終日の入換えは同機が担当しました。※H27 7/31追記 北王子での引退後、同機は四国に渡り、伊予三島の大王製紙専用線で活躍しています。塗装は漆山時代からの白+青の塗装から青一色に変更され、No1という番号が付けられています。
H26 3/10 北王子駅にて。
北王子MB1
H26 4/3 北王子駅にて。
IMG_9227
↓伊予三島に転属後の姿 H27 7/25 大王製紙専用線にて。
伊予三島No1

引き続き北王子駅で活躍していたスイッチャーを紹介します。
このスイッチャーは1962(昭和37)年協三製の20トン機(製番20399)で、新白河から移ってきました。同車もDB252同様に早くに引退しており長らく構内に留置されていました。こちらも売りに出されましたが、現在の消息は不明です。
H26 3/10 北王子駅にて。
北王子MB3
H26 4/3 北王子駅にて。
IMG_9214

今回は、JR東北本線北王子支線北王子駅で活躍していたスイッチャーを紹介します。
このスイッチャーは1968(昭和43)年日車製の25トン機DB252(製番2673)で、北海道の小樽臨港鉄道→中斜里を経て北王子にやってきました。同車は早くに引退しており長らく構内に留置されていましたが、北王子駅の廃止に伴い一般(ファン)向けに売り出されました。買い手が見つかったのかは不明ですが、見つからなければ解体されたものと思われます。
H26 3/10 北王子駅にて。
北王子DB252
H26 4/3 北王子駅にて。
IMG_9205


 今回紹介するのはトラ45000形のトラ149252です。

撮影日時点でのデータ

・所有車  JR貨物
・常備駅  東港駅  
・検査    H12 10/21~H17 11/25
・撮影日  H23 8/8 東港駅にて。
トラ149252


 今回は秩父太平洋セメント秩父工場(武州原田駅)にて倉庫として利用されているテキ200形テキ210を紹介します。
車両のデータ 
・製造年   1966年(昭和41年)
・所有社   秩父セメント株式会社
・常備駅   武州原谷駅
・検査     不明        
・状態     台車付きで他の数両とともに留置、表記類の確認は非常に困難である。
・撮影日   H25 11/23 秩父太平洋セメント秩父工場にて。秩父テキ210

↑このページのトップヘ