輝かしき鉄道の記録

専用線の機関車たちは最後の勇姿を見せる。また一つ、輝かしき鉄道が過去のものとなった。

2014年02月


 今回紹介するのは、仙台臨海鉄道のSD55 105です。この機関車は1967(昭和42年)汽車会社製の55トン機(製番3258)で、国鉄DD13 366として誕生しました。国鉄では1986年に廃車となり、翌1987年KD55 15として京葉臨海鉄道に入線、1994年には機関換装によりKD55 105となり長らく同鉄道で活躍しました。そして2012年、SD55 104として震災で被害を受けた仙台臨海鉄道に譲渡され、その後のATS装備による改番でSD55 105となりました。
H24 8/12 仙台港駅にて。SD55 104時代
仙台SD55104

今回紹介するのはホキ9500形のホキ9704です。

撮影日時点でのデータ

・製造年  1968年(昭和43年)
・台車    TR213形
・所有車  矢橋工業株式会社
・常備駅  乙女坂駅
・検査    H23 2/17~H27 2/17
・撮影日  H23 8/8 東港駅にて。
ホキ9704


 今回紹介するのはタキ44000形のタキ44021です。

撮影日時点でのデータ

・区分番台 基本番台
・製造年  1967年(昭和42年)
・台車    TR210形
・所有社  日本オイルターミナル株式会社
・常備駅  西上田駅
・検査    H19 5/14~H24 5/14
・撮影日  H23 12/10 倉賀野貨物駅にて。タキ44021

今回紹介するのはタキ38000形のタキ38066です。

撮影日時点でのデータ

・製造年 1978年(昭和53年)
・製造所 日車
・所有社 日本石油輸送株式会社 
・常備駅 郡山駅
・検査  H20 5/2?~H26 6/14
・撮影日 H24 7/31 東港駅にて。
タキ38066港。

↑このページのトップヘ