輝かしき鉄道の記録

専用線の機関車たちは最後の勇姿を見せる。また一つ、輝かしき鉄道が過去のものとなった。

2013年11月

今回は、りんてつ倶楽部の手により松原スポーツ公園で動態保存されている長野営林局上松運輸営林署No84を紹介します。この機関車は1950(昭和25)年酒井工作所製の7トン機で、長野営林局で戦後導入した初の7トン機関車でした。当初は野尻営林署で活躍し、その後上松運輸営林署に転属、現役晩年は上松にて入換えに使用されていました。引退後は岐阜の鍾乳洞で計画されていた観光鉄道で再就職を果たす予定でしたが結局計画は中止となり、木曽に里帰りすることとなりました。松原では長らくレストアが続いていましたが、2016(平成28)年10月の王滝森林鉄道フェスティバルにて元気に走行する姿が披露されました。
H28 10/9 松原スポーツ公園にて。ボンネット閉姿。
556
ボンネット開姿。
IMG_8634
IMG_8691
IMG_8630
H25 10/6 松原スポーツ公園にて。レストア中の姿。
木曽 No084

今回も前回と同じく埼玉県の寄居運動公園にて倉庫として利用されている秩父鉄道テキ100形のテキ102を紹介します。

車両のデータ
  
・製造年 1959年(昭和34年)
・所有社 秩父鉄道株式会社
・検査  S56 7~S60 7 熊谷工        
・状態  緑塗装の上錆が酷いが表記は読み取れる。片面に窓が設置されている。
・撮影日 H25 11/16 寄居運動公園にて。
秩父テキ102


 今回は埼玉県の寄居運動公園にて倉庫として利用されている秩父鉄道テキ100形のテキ101を紹介します。

車両のデータ 
・製造年 1959年(昭和34年)
・所有社 秩父鉄道株式会社
・検査  S56 7~S60 7  熊谷工        
・状態  緑塗装の上錆が酷いが表記は読み取れる。片面に窓が設置されている。
・撮影日 H25 11/16 寄居運動公園にて。
秩父テキ101

今回は埼玉県の寄居運動公園にて倉庫として利用されている秩父鉄道スム4000形のスム4016を紹介します。

車両のデータ
 
・製造年 1963年(昭和38年)
・所有社 秩父鉄道株式会社
・検査  不明        
・状態  緑に塗装されており表記は車番のみ読み取れる。
・撮影日 H25 11/16 寄居運動公園にて。 
秩父スム4016


今回紹介するのはホキ9500形のホキ9702です。

撮影日時点でのデータ

・製造年  1969年(昭和44年)
・台車    TR213形
・所有車  矢橋工業株式会社
・常備駅  乙女坂駅
・検査    H22 12/18~H26 12/18
・撮影日  H25 7/31 美濃赤坂駅にて。ホキ9702

 放置保存貨車リストの私鉄貨車に修正と追加を行ったので再記載します。※私鉄貨車については現役の車両も記載しました。

 くりはら田園鉄道
 ト102 若柳駅保存
 ト103     〃
 ワフ74    〃

 日立電鉄
 トム1001 久慈浜駅留置 その後個人引き取り

 ひたちなか海浜鉄道
 トラ15 那珂湊駅構内留置
 トラ16     〃
 ホキ7     〃    
 ホキ8     〃
 
 鹿嶋臨海鉄道
 コキ2000-1 神栖駅構内留置
 コキ2000-2     〃

 小湊鉄道
 トム10 五井駅保管
 トム11    〃
 ワ2      〃
 ワ3      〃
 ワフ1     〃
 
 上信電鉄
 テム1 高崎駅構内留置
 テム2 上州福島駅構内留置
 テム3      〃
 テム6 高崎駅構内留置 現役
 テム8 下仁田駅構内留置
 テム9      〃
 テム10     〃
 ホキ801 高崎駅構内留置 現役
 
 上毛電鉄
 ホキ1 粕川駅留置 現役
 ホキ2    〃
 テ241 元東武 大胡駅保存

 秩父鉄道
 スム4016 寄居運動公園 倉庫利用 緑塗装
 スム4017 羊山公園 倉庫利用 緑塗装
 スム4023 三峰口駅保存
 スム4029 武州原谷駅付近 倉庫利用
 スム4030       〃
 スム4031 広瀬川原車両所構内留置
 スム4037       〃
 スム4043 武州原谷駅付近 倉庫利用
 スム4044 広瀬川原車両所構内留置 救援車
 スム4047       〃          現役
 スム車番不明     〃
 スム車番不明     〃
 スム車番不明         〃
 スム車番不明     〃          庫内留置
 スム車番不明     〃          庫内留置 青塗装 窓付き  
 スム車番不明 広瀬川原車両所 倉庫利用 白塗装          
 スム車番不明 秩父市 某所 倉庫利用 青塗装
 スム車番不明 武州原谷駅付近 倉庫利用
 テキ101 寄居運動公園 倉庫利用 緑塗装
 テキ102         〃
 テキ106 広瀬川原車両所構内留置
 テキ108 寄居町某所 倉庫利用
 テキ109 広瀬川原車両所構内留置
 テキ110 寄居町某所 倉庫利用
 テキ114 武州原谷駅付近 倉庫利用
 テキ117 三峰口駅保存
 テキ120 羊山公園 倉庫利用 緑塗装
 テキ125 広瀬川原車両所構内留置
 テキ200 秩父市某所 倉庫利用 ※テキ200形は国鉄籍だが秩父鉄道欄に記載
 テキ201 秩父セメント第一工場跡 ※撤去済み
 テキ204 三ヶ尻駅 倉庫利用 秩父セメントマーク付き 
 テキ210 武州原谷駅 倉庫利用 台車付き
 テキ211 秩父セメント第一工場跡 ※撤去済み      
 テキ212 武州原谷駅 倉庫利用 台車付き
 テキ214 秩父市某所 倉庫利用
 テキ216 武州原谷駅 倉庫利用 台車付き
 テキ218       〃              白塗装
 ワキ808 秩父駅構内留置
 ワキ810 広瀬川原車両所構内留置
 ワキ823       〃
 ワキ824 三峰口駅保存
 ワキ825 秩父市某所 倉庫利用
 ワキ829 広瀬川原車両所構内留置 
 ワキ837 長瀞駅前 倉庫利用     
 ワキ車番不明 広瀬川原駅構内留置
 ワキ車番不明 武州原谷駅付近 倉庫利用
 ワキ車番不明 長瀞町某所 倉庫利用
 ワキ車番不明       〃
 ワフ51 三峰口駅保存 元スム4003
 トキ502     〃
 トキ506 広瀬川原車両所構内留置 現役
 トキ512        〃     
 ヨ15 三峰口駅保存
 ホキ1 上長瀞駅留置 現役
 ホキ2    〃    

 
 東武鉄道
 ワラ93 栃木県佐野市 倉庫利用
 ワラ100 栃木県子ども総合科学館 
 ワラ113      〃
 ワラ116      〃
 ワラ120      〃
 ヨ126 長戸路児童公園
 ヨ137 栃木県子ども総合科学館 
 
 西武鉄道
 
 スム201 横瀬車両所にて保存
 ワフ105      〃
 テキ404 秩父市某所 倉庫利用
 
 蒲原鉄道
 ワ12 那珂川清流鉄道保存会にて保存
 ト2 真岡駅にて保存

 北陸鉄道
 ホム1 伏木ヤード留置

 福井鉄道
 ホサ1 貨物鉄道博物館にて保存
 
 名古屋鉄道
 ト15 貨物鉄道博物館にて保存
 ト246       〃
  
 名古屋臨海鉄道
 ワ1 救援車 東港駅留置 救援車

 三岐鉄道
 ワム229 保々駅留置 動態
 ワフ11 貨物鉄道博物館にて保存

 西濃鉄道
 ワフ21130 貨物鉄道博物館に保存
 
   近江鉄道
 ワ5490 貨物鉄道博物館に保存

 水島臨海鉄道
 ワフ16 真岡駅にて保存

 一畑電鉄
 ト60 真岡駅にて保存
 ト61 伏木ヤードにて保管


 日鉄鉱業羽鶴専用鉄道、言わずと知れたこの鉄道の終点日鉄鉱業羽鶴鉱業所前には廃止後も機関庫が残されていて、庫内にはかつて関東最後の現役蒸気機関車として注目を集めた1070形1080号が眠っていた。私がこの機関車と初めて出会ったのはまだ小学4年の頃であり、偶然の発見だったのであの時はかなり興奮したのを覚えている。小学生で羽鶴を訪れていたとは自分でも驚きだ。その後私はあのトワイライトな風景に魅せられ何度となく羽鶴を訪れた。しかし、ついに別れの時がやってくる。2009年7月、1080号の梅小路での保存が決まり搬出されたとの情報が入った。1080号が整備され大切に保存されるのは嬉しいが、もうあのトワイライトな風景を見ることが出来ないと思うと少し寂しくなった。今、あの1080号と出会った日のことを思い出すとこう思う、「草に埋もれた車庫、中に眠る石灰まみれの古びた機関車、今、私がトワイライトな風景へ抱く思いの原点はここにあるのかもしれない。」と。
H18年冬 羽鶴にて。
日鉄羽鶴 1080

 今回紹介するのはタキ5750形濃硫酸及び発煙硫酸専用車のタキ105788です。

撮影日時点でのデータ

・台車    TR41形
・所有社  日本鉱業株式会社
・常備駅  日立駅
・検査    H? 12/6~H18 12/6 ※廃車解体済み。
・撮影日  H21 8/15   宮下駅にて。
タキ105788


 今回紹介するのはチキ5200形のチキ5301です。

撮影日時点でのデータ

・所有社  JR東日本 
・常備駅  越中島貨物駅
・台車    TR223形
・検査    H22 9/18~H27 9/18
・撮影日  H24 9/17 高崎操車場にて。
チキ5301

↑このページのトップヘ