輝かしき鉄道の記録

専用線の機関車たちは最後の勇姿を見せる。また一つ、輝かしき鉄道が過去のものとなった。

2012年12月

今回は群馬県某所にて倉庫として利用されているワム80000形のワム181454を紹介します。

車両のデータ

・区分番台 2次量産車
・製造年  1968(昭和43)年
・検査   S55 10~S59 10 土崎工          
・状態   錆が目立つが状態は比較的良好。
・撮影日  H24 10/27 群馬県某所にて。 ※公道より撮影
ワム181454

 今回紹介するのはタキ44000形のタキ44011です。

撮影日時点でのデータ

・区分番台 基本番台
・製造年  1967年(昭和42年)
・台車    TR210形
・所有車  日本オイルターミナル株式会社
・常備駅  倉賀野駅
・検査    H18 7/10~H23 7/10
・撮影日   H22 1/4 浜五井~京葉市原間にて。

タキ44011

今回紹介するのは、秩父鉄道のデキ100形デキ101です。この機関車は1951(昭和26)年日立製の48トン機(製番19997-1)で、主に秩父鉄道の貨物輸送に使用されました。1988年のSLパレオエクスプレスの運行開始からは同列車の後補機として起用、1994年には茶色への塗装変更なども行われ活躍ましたが1996年にはその役目を終えました。その後2006年には廃車され現在広瀬川原車両基地に保管されています。
H27 5/16 広瀬川原車両基地にて。
555

 今回紹介するのはチキ5200形のチキ5234です。

撮影日時点でのデータ

・所有車  JR東日本 
・常備駅  越中島貨物駅
・台車    TR223形
・検査    未確認
・撮影日   H22 2/27 高崎操車場にて。

チキ5234

 今回紹介するのはタキ1900形のタキ81900です。

撮影日時点でのデータ

・製造年  1971年(昭和46年)
・台車    TR225A形
・所有車  太平洋セメント株式会社
・常備駅  東藤原駅
・検査    H23 3/11~H27 11/3
・撮影日  H24 7/31 富田浜~四日市間にて。

タキ81900

 今回紹介するのはタキ43000形のタキ43108です。

撮影日時点でのデータ

・区分番台 43100番台
・台車    TR214形
・所有車  日本石油輸送株式会社
・常備駅  郡山駅
・検査    H20 8/19~H25 8/19
・撮影日  H22 10/2  倉賀野貨物駅にて。

タキ43108

↑このページのトップヘ