輝かしき鉄道の記録

夢のような光景。木曽谷に林鉄は健在である。

今回紹介するのはタキ43000形のタキ43269です。

撮影日時点でのデータ

・区分番台 43100番台
・所有社    日本オイルターミナル株式会社
・常備駅    倉賀野駅
・検査       H23 5/18~H28 5/18
・撮影日    H24 5/19 倉賀野貨物基地にて。
タキ43269

今回は前回紹介したいわき市石炭・化石館の機関車とともに保存されている炭車を紹介します。

①炭車5125
野外に展示されてる炭車。こんな炭車がゴロゴロいたのだろう。いわき炭車02
②炭車(無番)
こちらは模擬坑道で展示されている炭車。石炭を満載している。よく見ると5125とは形状が微妙に異なる。
いわき炭車01
③手押し炭車
古い時代の木造の手押し炭車。横の板がパカッっと開くようになっている。恐らくレプリカだと思われる。
いわきトロ

かつて常盤炭鉱で栄えた町、いわき市常磐湯本にある「いわき市石炭・化石館」では2両の抗内用機関車が保存されています。今回はそんな2両を紹介します。


①バッテリー機関車(無番) 1962(昭和37)年日立製作所製4.5トン機(製番580222)
運用場所などの詳細は不明だが、炭鉱の坑内鉄道で活躍したバテロコ。積載炭車6両を牽引できるという。日輸が溢れるバテロコ業界で日立のバテロコはなかなかレアではないだろうか。
IMG_6015
IMG_6007
②ディーゼル機関車(無番) 1959(昭和34)年日本輸送機製6トン機
こちらも詳細は不明。抗内用DLとしては比較的大型で、積載炭車14両を牽引可能。このような坑内用DLは西の方ではちょこちょこ残っているようだが東日本ではあまり見かけない。
IMG_6021
いわきDL




続いても埼玉県某所にて倉庫として利用されている西武ワフ1形の車番不明車を紹介します。他に現存するもの、または現存したものを除くと消去法でワフ5~9のどれかと思われます。

車両のデータ 

・製造年 1967年(昭和42)年~1969(昭和44)年の間
・製造年 西武所沢工場 ト31形より改造
・検査  不明   
・状態  屋根下に設置。表記は台枠に残るも車番表記なし。テールランプ片側欠損。
・撮影日 H27 4/5 埼玉県某所にて。
西武ワフ01BF

今回は埼玉県某所にて倉庫として利用されている西武ワフ1形ワフ2を紹介します。

車両のデータ 

・製造年 1967年(昭和42)年
・製造年 西武所沢工場 ト31形より改造
・検査  不明   
・状態  屋根下に設置。台枠のみ表記現存。
・撮影日 H27 4/5 埼玉県某所にて。
西武ワフ02


今回は埼玉県某所にて店舗として利用されている西武ワフ1形ワフ1を紹介します。

車両のデータ 

・製造年 1967年(昭和42)年
・製造年 西武所沢工場 ト31形より改造
・検査  不明   
・状態  状態良好。台枠のみ表記現存。
・撮影日 H27 5/16 埼玉県某所にて。
西武ワフ01

続いても埼玉県某所にて倉庫として利用されている西武テキ401形テキ406を紹介します。

車両のデータ 

・製造年 1969年(昭和44年)
・所有社 三菱鉱業セメント株式会社
・常備駅 東横瀬駅 (運用区間 東横瀬~狭山ヶ丘)
・検査  ? 10~? 10  
・状態  錆が目立つが比較的状態良好。
・撮影日 H27 5/1 埼玉県某所にて。
西武テキ406



今回は埼玉県某所にて倉庫として利用されている西武テキ401形テキ403を紹介します。

車両のデータ 

・製造年 1969年(昭和44年)
・所有社 三菱鉱業セメント株式会社
・常備駅 東横瀬駅 (運用区間 東横瀬~狭山ヶ丘)
・検査  H2 5~?   
・状態  状態良好。社紋以外の表記ほぼ現存。
・撮影日 H27 5/1 埼玉県某所にて。
西武テキ403


今回は埼玉県某所にて店舗として利用されている西武テキ401形テキ402を紹介します。

車両のデータ 

・製造年 1969年(昭和44年)
・所有社 三菱鉱業セメント株式会社
・常備駅 東横瀬駅 (運用区間 東横瀬~狭山ヶ丘)
・検査  不明   
・状態  状態良好。塗装されて表記は消えているが裏側の一部は原色で表記現存。 
・撮影日 H27 5/16 埼玉県某所にて。
西武テキ402

今回は栃木県某所にて倉庫利用されていたワム80000形のワム184437を紹介します。

車両のデータ 

・区分番台 2次量産車
・製造年  1968(昭和43)年
・製造所  川崎車両
・検査   不明         
・状態   状態良好。白屋根だがこれは倉庫化後の塗装か。撤去済み。
・撮影日  H27 6/7 栃木県某所にて。
ワム184473

今回は栃木県某所にて倉庫利用されているワム80000形のワム184429を紹介します。

車両のデータ 

・区分番台 2次量産車
・製造年  1968(昭和43)年
・製造所  川崎車両
・検査   S52 6~S56 6 鷹取工         
・状態   比較的状態良好。
・撮影日  H28 6/25 栃木県某所にて。
ワム184429

今回は群馬県某所にて倉庫利用されているワム80000形のワム184284を紹介します。

車両のデータ 

・区分番台 2次量産車
・製造年  1968(昭和43)年
・製造所  日本車両
・検査   S52 4~S56 4 郡山工         
・状態   比較的状態良好。
・撮影日  H27 7/5 福島県某所にて。
IMG_3419

今回は、伊豆の天城ゆうゆうの森にて保存されている長野営林局上松運輸営林署No128を紹介します。この機関車は1960(昭和35)年酒井工作所製の10トン機(製番6379)で、酒井C4型の第2号です。試作的要素の強かったトップバッターのNo122と比べると正面窓がハの字でなくなり、ブレーキハンドル向きが線路と平行に変更されるなどこの号機から量産スタイルとなりました。テールランプはNo122と同じく床板上に設置してありましたが、現在は前後ともに失われています。現在状態が悪化しており、今後が心配されます。
H27 8/21 天城ゆうゆうの森にて。
IMG_5685
IMG_5680
IMG_5643
IMG_5691


今回紹介するのトキ25000形亜鉛精鉱専用車のトキ25000-1です。

撮影日時点でのデータ

・製造年  1999年(平成11年)
・所有車  東邦亜鉛株式会社 
・常備駅  宮下駅
・検査   H25 3/1~H30 3/1 
・撮影日  H25 6/8 高崎(操)にて。
トキ25000-01

↑このページのトップヘ