輝かしき鉄道の記録

専用線の機関車たちは最後の勇姿を見せる。また一つ、輝かしき鉄道が過去のものとなった。

今回は、デンカ青海工場専用線(原石線)で活躍するスイッチャーDS-7を紹介します。

車両のデータ

・車番  DS-7
・製造年 2012(平成24)年
・製造所 北陸重機工業
・製番  不明
・重量  45トン
・所有社 デンカ(旧電気化学工業)
・検査  不明    
・経歴  [納入2012年]青海(電気化学工業)
・備考  長らく青海の主として君臨したDS-6を置き換えるべく誕生した新型
     機関車。専用線の廃止が相次ぐこの時代に新型の導入は非常に嬉しい
     ニュースである。同機の登場とDD453の転入により赤い機関車は青海
     を去り、青海原石線の新体制がスタートした。
H29 10/2 デンカ青海専用線にて。
DS-70
DS7


今回紹介するのはタキ43000形のタキ43321です。

撮影日時点でのデータ

・区分番台 43100番台
・所有社    日本石油輸送株式会社
・常備駅    仙台北港駅
・検査       H26 10/24~H32 1/21
・撮影日    H30 4/25 倉賀野駅貨物基地にて。
タキ43321

今回は、デンカ青海工場専用線(原石線)で活躍するスイッチャーDD453を紹介します。

車両のデータ

・車番  DD453
・製造年 1976(昭和51)年
・製造所 日本車両
・製番  3251
・重量  45トン
・所有社 デンカ(旧電気化学工業)
・検査  H18 11~H24 11 明希工業 ※H29 9/4 確認     
・経歴  [納入1976年]新茂原(三井東圧)
     [転属1986年]倉賀野(高崎運輸)
     [転属1994年]南松本(信州フレートサービス)
     [転属2013年]伏木(北陸ロジスティクス※整備保管)
     [転属2017年]青海(デンカ)
・備考  長く在籍した南松本での活躍が有名な機関車。2013(平成25)年3月
     にスイッチャーによる入換が廃止されると失職し、同年3月31日に
     伏木ヤードに向けて搬出された。伏木では約4年ほど保管されていた
     が北陸ロジスティクスによる整備の上ついに2017(平成29)年
     デンカ青海工場専用線にて復活を果たした。
H29 9/4 デンカ青海専用線にて。
IMG_7948
H25 3/31 慣れ親しんだ南松本を旅立つ。※許可を得て撮影
南松本1
IMG_8451
55
H27 5/23 伏木にて。
85

※この記事はDD453が転属したため修正の上再記載しました。他のスイッチャーの記事につきましても少しずつ修正していきますので是非ご覧下さい。

今回は岐阜県某所にて据置タンクとして利用されているタム8600形トリクロールエチレン専用車のタム8601を紹介します。

車両のデータ 

・製造年 1968(昭和43)年
・製造所 汽車製造
・廃車年 1993(平成5)年
・常備駅 昭和町駅
・所有社 東亞合成株式会社
・検査  不明          
・状態  タンク体の劣化が進んでいる。表記は車番のみ辛うじて残る。※近寄れないため                                      
     車番は画像で確認。

・撮影日 H28 1/20 岐阜県某所にて。
5



今回は埼玉県某所にて倉庫利用されている秩父鉄道スム4000形のスム4029を紹介します。

車両のデータ

・製造年 1963年(昭和38年)
・所有社 秩父鉄道株式会社
・検査  S58 6~S62 6 熊谷工       
・状態  錆は目立つが表記等は読み取れる。
・撮影日 H25 11/23 埼玉県某所にて。
秩父スム4029


今回は埼玉県某所にて倉庫利用(看板?)されている秩父鉄道スム4000形のスム4026を紹介します。

車両のデータ

・製造年 1963年(昭和38年)
・所有社 秩父鉄道株式会社
・検査  不明       
・状態  青に塗装。台枠のみ表記が残る。状態良好。
・撮影日 H27 4/5 埼玉県某所にて。
秩父スム4026
 

今回は埼玉県某所にて倉庫利用されている秩父鉄道ワフ50形のワフ59を紹介します。

車両のデータ

・製造年 1979年(昭和54年)←スム4005(1963年製)から改造。
・所有社 秩父鉄道株式会社
・検査  不明       
・状態  屋根の劣化が目立つ。スム時代の表記も残ってる。
・撮影日 H27 5/1 埼玉県某所にて。 
秩父ワフ59
IMG_1693_1


今回は秩父鉄道車両公園(三峰口)にて保存されている秩父鉄道ワフ50形のワフ51を紹介します。

車両のデータ

・製造年 1979年(昭和54年)←スム4003(1963年製)から改造。
・所有社 秩父鉄道株式会社
・検査  S58 6~S62 6 熊谷工       
・状態  比較的良好。
・撮影日 H25 10/28 三峰口にて。
秩父ワフ51
DSC_0574

 

今回は秩父鉄道車両公園(三峰口)に保存されている秩父鉄道スム4000形のスム4023を紹介します。

車両のデータ

・製造年 1963年(昭和38年)
・所有社 秩父鉄道株式会社
・検査  S54 5~S58 9 熊谷工       
・状態  非常に良好。
・撮影日 H25 10/28 三峰口にて。 
秩父スム4023

今回は広瀬川車両基地にて倉庫利用されている秩父鉄道スム4000形のスム4016を紹介します。

車両のデータ

・製造年 1963年(昭和38年)
・所有社 秩父鉄道株式会社
・検査  不明        
・状態  白く塗装されており車番は台枠のみ残存。
・撮影日 H27 5/16 広瀬川車両基地(わくわくフェスタ)にて。 
秩父スム4021


今回は埼玉県某所にて倉庫利用されている秩父鉄道ワキ800形のワキ825を紹介します。

車両のデータ

・製造年 1968年(昭和43年)
・所有社 秩父鉄道株式会社
・検査  S61 ~S65 1 熊谷工      
・状態  錆が目立つが表記は読み取れる。
・撮影日 H25 11/23 埼玉県某所にて。
秩父ワキ825



今回は秩父鉄道車両公園(三峰口)に保存されている秩父鉄道ワキ800形のワキ824を紹介します。

車両のデータ

・製造年 1968年(昭和43年)
・所有社 秩父鉄道株式会社
・検査  S60 6~S64 6 熊谷工      
・状態  状態良好
・撮影日 H25 11/23 三峰口にて。
秩父ワキ824

今回は広瀬川原車両基地に留置されている秩父鉄道ワキ800形のワキ823を紹介します。

撮影日時点でのデータ

・製造年 1968年(昭和43年)
・所有社 秩父鉄道株式会社
・検査  S?~S60 12 熊谷工      
・状態  比較的良好
・撮影日 H25 11/10  広瀬川原車両基地にて。
秩父ワキ823

続いても足尾駅に保存されているスイッチャーを紹介します。

車両のデータ

・車番  無番
・製造年 1965(昭和40)年
・製造所 日本輸送機
・製番  1115001
・重量  8トン

・所有社 古河機械金属(現役時は古河鉱業)    
・経歴  [納入1965年]足尾(古河鉱業)
・備考  数少ないニチユ半キャブの生き残り。現役時は足尾駅に隣接する古河
     鉱業の専用線で入換に使用されていた。専用線廃止後は長らく足尾駅
     貨物側線にて同僚の協三10トンとともにシートをかけられて保管され               
     ていたが
2007(平成19)年の足尾駅祭りにて動態復活を果たした。
     整備を行っているのは足尾歴史館だが所有社は古河機械金属である。

H30 3/5 足尾駅にて。
IMG_0111
IMG_0122
IMG_0076
IMG_0071


今回紹介するのは、わたらせ渓谷鉄道(旧国鉄足尾線)足尾駅に保存されているスイッチャーです。

車両のデータ

・車番  無番
・製造年 1970(昭和45)年
・製造所 協三工業
・製番  10741
・重量  10トン

・所有社 古河機械金属(現役時は古河鉱業)    
・経歴  [納入1970年]京葉市原?(古河電気工業)
     [転属197X年]足尾(古河鉱業)
・備考  一見半キャブのようだが全キャブである。協三の10トン機は多数存在
     するがこのタイプは珍しい。現役時は足尾駅に隣接する古河鉱業専用
     
線で入換に使用されていた。1987(昭和62)年に足尾線の貨物が
     廃止されると失職し長らく足尾駅貨物側線にてシートを被された
     状態で保管されていたが、2007(平成19)年の足尾駅祭りで約20年
     ぶりの動態復活を果たした。

     整備を行っているのは足尾歴史館だが所有社は古河機械金属である。


H30 3/5.6 足尾駅にて。
IMG_0265
IMG_0050
IMG_0114
IMG_0155

↑このページのトップヘ